2019年02月04日

塾長オールスターズ東へ(横浜クラブ合同展示会ご報告)

という訳で行って参りました。
早速すべてではありませんが作品紹介です。

まずはなんJ関係で(見落としがあったらごめんなさい)
DSC_0074.JPG
けんいちさんのなんJ零戦。元のキットを見たことはないのですが、いろいろと手を入れられているようです。

DSC_0075.JPG
へるさんのF-15です。デジタル迷彩が何と言いますか大変そうです。

DSC_0076.JPG
ばろんさんの作品群。なんJ出品のメッサーは自宅待機(笑)とのことでした。


続いて飛行機で気になった作品をいくつか。
DSC_0073.JPG
寺島さんの作品。「スカイクロラ」登場の機体とのこと。ベースは1/32He219の胴体前部と主翼と尾翼部分、ブームはフルスクだそうです。この方ワタクシは秘かに焼津の死神博士と呼ばせていただいておりますが、面目躍如の切った貼ったぶりです。

DSC_0089.JPG
お向かいの大畑さんのトランぺッター1/32F-8E。大スケールだけあって主翼折り畳み部やガンベイはキットのままでも再現されているとか。ウエザリングは「教科書」通りとのこと。

DSC_0081.JPGDSC_0082.JPG
渡部さんの造形村1/32、2機。初期のものの比べてかなり作り易くなっているとのこと。

DSC_0083.JPG
製作者の名前を伺うのを忘れていましたが、こんなスカイレーダー初めて見ました。

DSC_0084.JPG
こちらも作者不詳の作品。実際はここまで搭載できないとのこと。

DSC_0093.JPG
イタリア機の変態迷彩2機。奥のものはともかく手前のものはどうやっているのか?作者の話を伺いたかったです。

DSC_0094.JPG
ファントムのフルスクでお馴染の大石さんですが、こんなのも作っておられたのですね。

DSC_0085.JPG
3人で作られたという各国なんちゃって仕様のTSR群。個体ごとに不具合の部分が異なる、という工業製品にあるまじき状況にご苦労されたとのこと。(一旦だめになる前の)エアフィックス恐るべし。

DSC_0080.JPG
小6生の1/72南山。貴重な若手モデラーです。順調に育って欲しいなぁ。

DSC_0087.JPG
バキュームキットを仕上げた1/48銀河。仕上げのすばらしさは当然として、やはり銀河は美しい機体です。ハセガワさん早く出してくださいな。

DSC_0088.JPG
最後は青いプラダンケースで毎度お馴染、塾長オールスターズでございます。今回は展示スペースの関係で少数精鋭の参加となりました。






posted by 保険ライダー at 14:53| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

慰安旅行、か?

おかやまマラソンも一応成功裏に終わりましたので、妻を連れて神戸に慰安旅行(笑)でございます。
神戸と言えばこんな感じ
DSC_0101.JPGDSC_0100.JPGDSC_0099.JPGDSC_0097.JPG
の夜景でございます。
摩耶山掬星台(きくせいだい)からの眺めですが、寒さを忘れるほどの眺めでした。
posted by 保険ライダー at 14:32| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

おかやまマラソン2018結果

おかやまマラソン結果出ました。ちなみにマラソン男子のエントリー数は13,500人くらいなので、上位15%にはぎりぎりで入っているという感じです。

DSC_0073.JPG

自己記録を6分程更新したのは収穫でしたが目標の3:40に遠く及ばず、次回への課題山積(笑)というところです。 ということでなんJも本腰いれんとね。
posted by 保険ライダー at 15:54| 岡山 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

今年も…

おかやまマラソン2018エントリー完了。いろいろいただきましたが、主な物です。

DSC_0083.JPG

明日の今頃は帰宅してぶっ倒れている模様(笑)。
今回の目標は当初のサブ3.5hから下方修正、3時間40分切りを目標に3.5hまでどこまで近付けるかです。
posted by 保険ライダー at 13:46| 岡山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

熊本トムキャッツさんの展示会にトムキャットを持って乱入(笑)

という訳で遠路遥々(といっても新幹線で2時間と少し)熊本市まで行って参りました。
会場は熊本駅から二駅の川尻駅から徒歩数分というところ。遥か西に雲仙岳

DSC_0082.JPG
を望む郊外と市街地の境目といった感じの場所です。

DSC_0073.JPG
会場はこんな感じ。
20人ほどのクラブ員さんプラス外部参加者ですから、これ位の広さで充分なところですが内容が濃い濃い(笑)。

DSC_0074.JPGDSC_0075.JPG
テーマは多発機ということで自ずと作品が大きくなることは予想がつきますが、手前の製作中の白い機体は1/48のB-36だそうで完成未定とか。そのまま投げたら飛びそうな大きさです(笑)。

DSC_0081.JPG
石崎会長の作品。胴体の斑点迷彩が大変そうです。私には真似できません。

DSC_0076.JPGDSC_0080.JPG
宮崎から参加の高橋さんの作品。左側の九六中攻は某雑誌コンテストの入賞作品です。また右側の複葉機のエンジン部分の作り込みには同じ変態の匂い(笑)がします。

DSC_0078.JPG
中学時代に学校を〇○って岩国の米軍機を撮影に行っていたという武勇伝(笑)をお持ちの銀翼会中川さんの作品。リベットは追加されたのでしょうか?愛を感じます。

DSC_0077.JPG
フルリベットに銀剥がれが文字通り鬼気迫るoniさんの作品です。いつかこんな風に出来たらと思いますが、そのいつかはいつ来ることやら(笑)。

DSC_0079.JPG
毎度お馴染、青いプラダンケースでやって来た塾長オールスターズ(笑)です。今回も皆様に楽しんでいただけたようで嬉しゅうございました。

最後になりましたが、突然の参加にもかかわらず暖かく迎えていただいた石崎会長以下熊本トムキャッツの皆様にこの場を借りて心よりお礼申し上げます。
posted by 保険ライダー at 12:29| 岡山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

今年も8・15

息子を伴い早朝護国神社へ祖父の御霊をお迎えに行くのだ。
DSC_0074.JPG
posted by 保険ライダー at 07:58| 岡山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

地獄がダブルでやって来る

今年の第4回おかやまマラソンですが、開始以来最大の2倍を超える競争率を突破して無事当選いたしました。
前回で何とかサブ4を達成しましたので、今回はもうワンランク上のサブ3.5を目指したいところです。
しかしながら練習での20qのベストタイムが54分+48分の1時間42分の現状では、良くて3時間40分切りがせいぜいでしょう。
ではこれから約5カ月でいかに走力をつけるか。今年もなんJ(模型地獄)と並行してのマラソン地獄の始まり始まり〜(笑)。
posted by 保険ライダー at 13:31| 岡山 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

宿敵降参、か?

何と宿敵(笑)SA誌編集長が「個人的な立場で」我が傑作をリツイート。
先のSAコンの記事でもコメントしていますが、クレーマーなおっさん(と言ってもメールで数回文句垂れて、フェスに落選作品を持ち込んで無言の抗議をしただけ)の作品(もちろん当該のものとは別物)をわざわざ取り上げるとは、敵ながらあっぱれでございます(笑)。
作者が誰だか分からなかったのなら仕方がありません。あの出来(←自画自賛)であれば注目もするでしょう。しかし「なんJ大賞=塾長=ワタクシ」であり、オリジナルを熊本で見ているはずですから分からなくもないと思います(それとも忘れたか、笑)。もしわかってやっているなら余程神経が太いか器が大きいかのどちらかでしょう。
まぁ、いずれにしても大量拡散されたようなので、目立ちたがりのワタクシとしては嬉しい限りです。
posted by 保険ライダー at 20:36| 岡山 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

激闘10カ月の果て(SHS2018ご報告)

2日間にわたる展示を終了し昨日無事戻って参りました。
1日目はコンテスト出品先のなんJブース
DSC_0073.JPG
2日目は所属の模型合宿さんチームのブース(画像はありません)

にて展示でした。
今回はとにかく本作がどのように見られているかが非常に気になりましたので、特に2日目は展示ブースに常に詰めており2日間を通じて他のブースはほとんど見れておりません。
で、気がついたことはやはり鏡を置いていても機体下面のややこしい(笑)、もとい素晴らしいところにまで目が行く人は多くない、というところでしょうか。多くの人が鏡をチラ見しても気付かずに次へと言う感じで、鏡に映った何かがあるぞと気づいて初めて下から覗いてへぇ〜ということになっておりました。
な訳で2日目の後半は見ている人ほとんどに声をかけて機体を裏返して見せるということで、作品のセールスポイントを更に印象付けるということを繰り返しておりました。
まぁそこまでやれば総じて好評な訳で(ほぼ初対面の作者に面と向かってダメ出しをするバカは普通はいませんから、当たり前と言えば当たり前ですが)製作中の様々な苦労も報われるというものです。
とは言えいちいち裏返すのも面倒ですから、今後はそうしなくても機体下面が良く見える策を何か考えなければいけません。

さてでは次は何を作るかということになります。こんなもの作ってしまったのでしばらくはお休みとも思ったのですが、手の遅さを考えるとすぐ初めても次のなんJに間に合うかが心配なので、そろそろ検討に入らねばというところです。

あ〜そうそうエントリーできる(=抽選に当たる)か未定ですが、おかやまマラソン2018でのサブ3.5達成へ向けての練習もしないとね…。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 12:27| 岡山 🌁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

第4回なんJ大賞・ハセガワ社長賞作品(ハセ1/48F14D)復元(再製作)完了

いきなりのタイトルですが、ここでは初出なので簡単にご説明します。
当該作品は1/32のものと共にSHS2017に展示のため搬送中、運送会社の不適切な取り扱いのため全損、修理不可能のため展示不能となりました。
大切な作品をよりによって晴れのお披露目の日に台無しにされたらどんな気持ちになるか、モデラーのあなたなら想像するに難くないと思います。もちろん当該運送会社には出るところに出ていただき、充分とは言えませんが落とし前をつけさせていただきました。

そんなこんなで改めてSHS2018に展示のため約10カ月の歳月をかけて再製作、2018年5月5日15時11分何とか完成にこぎつけました。復元(再製作)と申しましてもオリジナルと全く同じでは芸がありませんので、少しですが変更(grade up)しております。
では画像と共に詳細をご説明いたします。
DSC_0073.JPGDSC_0073.JPGDSC_0075.JPG
全体像です。マーキングだけは同一のものを使いませんと趣旨が異なってきますので、ここは譲れないところですが、ネット上どこを検索しても当該のものが見当たりません。オリジナルの時は何とか探し出し購入できたのですが今回はどうにもなりませんでした。結局1/32の物を下地に業者に製作を依頼しようとしたところでヤフオクでハセガワのデカール替え該当キットを発見、何とか入手することができました。
また話は前後しますが、製作開始当初当該キットは生産休止状態で店頭在庫が見当たらず、やむなくヤフオクで購入したことも付け加えておきます。
問題のデカールですが、さすがはカルトグラフ社製です。オリジナルのもの(ファイタータウン製)と比較すると発色(隠ぺい力)、張り易さともに上をいく感じでした。

DSC_0079.JPGDSC_0080.JPGDSC_0081.JPG
機首レドームから左舷の開口部です。レーダーアンテナディッシュ・バルカン砲弾倉をオリジナルから流用した以外は完全新作(自作)です。特に3枚目のアヴィオニクス関連機器は写真からモデルの10倍の図面を起こし、各部の精度を高めており、ワイヤーの接続部分も直付けではなく出来るだけパイプを介して実物に近い感じにしております。

DSC_0077.JPGDSC_0078.JPG
機首右舷の開口部です。空中給油プローブのみオリジナルからの流用です。
左の画像が今回新たな開口部です。製作方法は左舷のアヴィオニクス関連機器と同様ですが、ご覧の通りワイヤーの取り回しに苦労しました、と申しますか最後は訳がわからなくなりかけました(笑)。

DSC_0082.JPG
コクピット周辺です。画像ではよくわかりませんがコクピ本体・シートは珍しくアヴィオニクスのレジンパーツを使用しています。これには訳がありまして先に申し上げたようにキット本体はオクで落としたのですが、口述するアイリスのも含めてレジンパーツが同梱されており、せっかくだからこれを使わない手はないとばかりに手を出したのですが、えらい目に遭いました(笑)。ちなみに以下の通りです。
・コクピ本体とコンソールが別体なので位置決めが仮組しつつ削ったりかましたりで半端なく大変
・加えて風防や胴体本体のプラの厚みを考慮していないので、これまたすり合わせが大変
・アイリス製の前脚収納部との合わせがこれまた大変(主脚収納部も似たような惨状です)
・シート本体もコクピ本体との合わせを考慮していないので、見えないところを相当削らないと合わない
加えて開口部の加工も絡んできますので、正直挫折しかけました。

DSC_0083.JPG
スポイラー作動部分の一部を完全自作にて再現しています。また前縁スラットは素組みですが、フラップの取り付けは針金で補強し位置決めしています。

DSC_0085.JPGDSC_0084.JPG
エンジン本体はオリジナルから流用、ジェットノズル本体とアフターバーナー部分はアイリス製のレジンパーツです。
なかなか細かい部分まで再現していますが、ミラーフィニッシュを貼り付けている取り付け基部を前オーナーが間違えて切り取ってしまったようで、プラ版をリング状に切り抜いて自作しています。また艶消し黒の排気口シュラウドもレジンパーツがありましたが、キット本体と全く合わないのでキットパーツを使用しています。

いつも通りの激闘(笑)でしたが、今回は先述の通り10カ月の長きにわたるものとなりました。やはりレジンパーツの扱いに時間を取られたのが大きかったようです。時間を取られた分習熟度は上がっていると思いたいので、次はもっと上手くできる、かな?です。
実物はSHS2018にて展示いたしますので、ご覧いただけると幸いです。それでは次の週末SHS2018でお会いしましょう。






posted by 保険ライダー at 16:23| 岡山 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(メニュー通り) タイム:分秒 トレーニング後データ(入浴後計測) 体重     :s 体脂肪率   :% 内臓脂肪レベル: 骨格筋率   :% ※身長:173cm

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。