2018年06月20日

地獄がダブルでやって来る

今年の第4回おかやまマラソンですが、開始以来最大の2倍を超える競争率を突破して無事当選いたしました。
前回で何とかサブ4を達成しましたので、今回はもうワンランク上のサブ3.5を目指したいところです。
しかしながら練習での20qのベストタイムが54分+48分の1時間42分の現状では、良くて3時間40分切りがせいぜいでしょう。
ではこれから約5カ月でいかに走力をつけるか。今年もなんJ(模型地獄)と並行してのマラソン地獄の始まり始まり〜(笑)。
posted by 保険ライダー at 13:31| 岡山 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

宿敵降参、か?

何と宿敵(笑)SA誌編集長が「個人的な立場で」我が傑作をリツイート。
先のSAコンの記事でもコメントしていますが、クレーマーなおっさん(と言ってもメールで数回文句垂れて、フェスに落選作品を持ち込んで無言の抗議をしただけ)の作品(もちろん当該のものとは別物)をわざわざ取り上げるとは、敵ながらあっぱれでございます(笑)。
作者が誰だか分からなかったのなら仕方がありません。あの出来(←自画自賛)であれば注目もするでしょう。しかし「なんJ大賞=塾長=ワタクシ」であり、オリジナルを熊本で見ているはずですから分からなくもないと思います(それとも忘れたか、笑)。もしわかってやっているなら余程神経が太いか器が大きいかのどちらかでしょう。
まぁ、いずれにしても大量拡散されたようなので、目立ちたがりのワタクシとしては嬉しい限りです。
posted by 保険ライダー at 20:36| 岡山 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

激闘10カ月の果て(SHS2018ご報告)

2日間にわたる展示を終了し昨日無事戻って参りました。
1日目はコンテスト出品先のなんJブース
DSC_0073.JPG
2日目は所属の模型合宿さんチームのブース(画像はありません)

にて展示でした。
今回はとにかく本作がどのように見られているかが非常に気になりましたので、特に2日目は展示ブースに常に詰めており2日間を通じて他のブースはほとんど見れておりません。
で、気がついたことはやはり鏡を置いていても機体下面のややこしい(笑)、もとい素晴らしいところにまで目が行く人は多くない、というところでしょうか。多くの人が鏡をチラ見しても気付かずに次へと言う感じで、鏡に映った何かがあるぞと気づいて初めて下から覗いてへぇ〜ということになっておりました。
な訳で2日目の後半は見ている人ほとんどに声をかけて機体を裏返して見せるということで、作品のセールスポイントを更に印象付けるということを繰り返しておりました。
まぁそこまでやれば総じて好評な訳で(ほぼ初対面の作者に面と向かってダメ出しをするバカは普通はいませんから、当たり前と言えば当たり前ですが)製作中の様々な苦労も報われるというものです。
とは言えいちいち裏返すのも面倒ですから、今後はそうしなくても機体下面が良く見える策を何か考えなければいけません。

さてでは次は何を作るかということになります。こんなもの作ってしまったのでしばらくはお休みとも思ったのですが、手の遅さを考えるとすぐ初めても次のなんJに間に合うかが心配なので、そろそろ検討に入らねばというところです。

あ〜そうそうエントリーできる(=抽選に当たる)か未定ですが、おかやまマラソン2018でのサブ3.5達成へ向けての練習もしないとね…。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 12:27| 岡山 🌁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

第4回なんJ大賞・ハセガワ社長賞作品(ハセ1/48F14D)復元(再製作)完了

いきなりのタイトルですが、ここでは初出なので簡単にご説明します。
当該作品は1/32のものと共にSHS2017に展示のため搬送中、運送会社の不適切な取り扱いのため全損、修理不可能のため展示不能となりました。
大切な作品をよりによって晴れのお披露目の日に台無しにされたらどんな気持ちになるか、モデラーのあなたなら想像するに難くないと思います。もちろん当該運送会社には出るところに出ていただき、充分とは言えませんが落とし前をつけさせていただきました。

そんなこんなで改めてSHS2018に展示のため約10カ月の歳月をかけて再製作、2018年5月5日15時11分何とか完成にこぎつけました。復元(再製作)と申しましてもオリジナルと全く同じでは芸がありませんので、少しですが変更(grade up)しております。
では画像と共に詳細をご説明いたします。
DSC_0073.JPGDSC_0073.JPGDSC_0075.JPG
全体像です。マーキングだけは同一のものを使いませんと趣旨が異なってきますので、ここは譲れないところですが、ネット上どこを検索しても当該のものが見当たりません。オリジナルの時は何とか探し出し購入できたのですが今回はどうにもなりませんでした。結局1/32の物を下地に業者に製作を依頼しようとしたところでヤフオクでハセガワのデカール替え該当キットを発見、何とか入手することができました。
また話は前後しますが、製作開始当初当該キットは生産休止状態で店頭在庫が見当たらず、やむなくヤフオクで購入したことも付け加えておきます。
問題のデカールですが、さすがはカルトグラフ社製です。オリジナルのもの(ファイタータウン製)と比較すると発色(隠ぺい力)、張り易さともに上をいく感じでした。

DSC_0079.JPGDSC_0080.JPGDSC_0081.JPG
機首レドームから左舷の開口部です。レーダーアンテナディッシュ・バルカン砲弾倉をオリジナルから流用した以外は完全新作(自作)です。特に3枚目のアヴィオニクス関連機器は写真からモデルの10倍の図面を起こし、各部の精度を高めており、ワイヤーの接続部分も直付けではなく出来るだけパイプを介して実物に近い感じにしております。

DSC_0077.JPGDSC_0078.JPG
機首右舷の開口部です。空中給油プローブのみオリジナルからの流用です。
左の画像が今回新たな開口部です。製作方法は左舷のアヴィオニクス関連機器と同様ですが、ご覧の通りワイヤーの取り回しに苦労しました、と申しますか最後は訳がわからなくなりかけました(笑)。

DSC_0082.JPG
コクピット周辺です。画像ではよくわかりませんがコクピ本体・シートは珍しくアヴィオニクスのレジンパーツを使用しています。これには訳がありまして先に申し上げたようにキット本体はオクで落としたのですが、口述するアイリスのも含めてレジンパーツが同梱されており、せっかくだからこれを使わない手はないとばかりに手を出したのですが、えらい目に遭いました(笑)。ちなみに以下の通りです。
・コクピ本体とコンソールが別体なので位置決めが仮組しつつ削ったりかましたりで半端なく大変
・加えて風防や胴体本体のプラの厚みを考慮していないので、これまたすり合わせが大変
・アイリス製の前脚収納部との合わせがこれまた大変(主脚収納部も似たような惨状です)
・シート本体もコクピ本体との合わせを考慮していないので、見えないところを相当削らないと合わない
加えて開口部の加工も絡んできますので、正直挫折しかけました。

DSC_0083.JPG
スポイラー作動部分の一部を完全自作にて再現しています。また前縁スラットは素組みですが、フラップの取り付けは針金で補強し位置決めしています。

DSC_0085.JPGDSC_0084.JPG
エンジン本体はオリジナルから流用、ジェットノズル本体とアフターバーナー部分はアイリス製のレジンパーツです。
なかなか細かい部分まで再現していますが、ミラーフィニッシュを貼り付けている取り付け基部を前オーナーが間違えて切り取ってしまったようで、プラ版をリング状に切り抜いて自作しています。また艶消し黒の排気口シュラウドもレジンパーツがありましたが、キット本体と全く合わないのでキットパーツを使用しています。

いつも通りの激闘(笑)でしたが、今回は先述の通り10カ月の長きにわたるものとなりました。やはりレジンパーツの扱いに時間を取られたのが大きかったようです。時間を取られた分習熟度は上がっていると思いたいので、次はもっと上手くできる、かな?です。
実物はSHS2018にて展示いたしますので、ご覧いただけると幸いです。それでは次の週末SHS2018でお会いしましょう。






posted by 保険ライダー at 16:23| 岡山 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

UAMC2018静岡

という訳で行って参りました。前回「サンライズ出雲」とコメントしましたが、正しくは「サンライズ瀬戸」でした。岡山からは併結、つまりニコイチになりますので同じ列車と言えば同じ列車なんですがね(笑)。

・大荷物を車内に持ち込む
ここで問題なるのは荷物(展示品)をいかに梱包はともかく、運ぶかです。今回は10機という大所帯での参加ですのでとにかくかさばります、前回KPMSの4箱を上回る5箱ですので、縦×横×高さ=40cm×40cm×15cmを5個積み重ねる訳で、それに補助機材の箱を加えると高さは90cm近くなります。
実際車内(B寝台個室=シングル)への持ち込みは何とかなりましたが、
DSC_0100.JPG
これでは枕部分を占領して横になれません。幸い向かって右側に幅20cm程のスペースがありますので、ちょっとずらして…。
DSC_0101.JPG
これで何とか普通に横になれました。

・会場にて
会場は前回SHSで模型合宿チームが使用したのと同じ西館2Fで、
DSC_0111.JPG
協賛各社のお店も出ていました。
DSC_0112.JPG
早速会場で気になった作品です。
DSC_0104.JPGDSC_0105.JPGDSC_0113.JPG
どこかの塾長とよく似た芸風ですが、更に細かいです。全部自作ではないようですが。
こちらはご存知浜松の大御所、マイスター白井さんの作品。
DSC_0106.JPG
現物初めて見ました。上面は割とあっさりしていますが、下面が凄かったです。写真が無くてごめんなさい。
DSC_0107.JPG
モリサワさん製作の1/48キ―83です。確か1/72のキットはあったけど1/48のってあったっけ、と思ったらやはりスクラッチでした。タミヤの1/48百式司偵をベースにしているそうです。両機とも設計は本庄技師ですから似ている部分があり、パーツの一部が流用できたそうです。
DSC_0108.JPG
大阪レディバード栗岡さんのヘリ(機体名忘れました)です。内部の作り込みがいつもながら凄いです。
DSC_0109.JPG
なんJの関係者SIONEさんの展示品です。今回初めてじっくり拝見&お話できました。戦闘機から旅客機、さらにはたまごヒコーキと守備範囲が広いです。なんJ関係では今回ミズミズさん、河内さんともお会いできました。5月お披露目予定の「新作」にご期待ください。
DSC_0114.JPG
KPM会長毛利さんのエアフィックス1/72スピットファイヤです。いつもながらリベットが凄いですねと申し上げたら、このキットは1/48の縮小版だそうで、リベットは刻印済みのものをなぞっただけだそうです。それでも数と密度は大変そうでした。いろいろと質問にお答えいただきありがとうございました。
DSC_0110.JPG
最後は竹村さん製作1/10三式戦です。とにかくでかくて精密。作るのはともかく完成後の置き場所はどうされているのでしょうか?
最後は拙作です。
DSC_0102.JPG
DSC_0103.JPG
今回もご覧いただきありがとうございました。
ラベル:模型 
posted by 保険ライダー at 13:51| 岡山 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

UAMC2018静岡

「サンライズ出雲」にて今夜出発します。

作らなくていい。
走らなくていい。
束の間の夢の時間、
模型天国の始まりです。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 20:20| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

反響続々(でもないか、笑)スケビフェスその後

わざわざ東京まで作品を持って行って展示したからにはやはり反響は気になるもので、ネットで検索してみるとありましたありました。手前味噌になるので詳細は触れませんが、やはり見る人が見れば分かる(又かい、笑)のでしょう。
おかげでちょっとほっとしていますが、要はクソな審査基準など超越してしまう傑作ができれば今回のようなグダグダは自ずと無くなる訳で、更に修行を重ねる必要がありそうです。
あ〜サブ3.5はどうなる(笑)。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 22:01| 岡山 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

塾長松本先生に懐柔される、か? スケビフェス殴り込み顛末記

11:00開場に合わせて何食わぬ顔で入場、展示します。ちなみに入場時記帳しますが先方からは全くアクションはありません。無視を決め込むか本当に気付いていないのかもしれません(笑)。
実は作品紹介文を2種類準備しておりまして、一つは通常のもの(それでも皮肉たっぷりですが)、そしてもう一つはでかでかと「不当審査へ断固抗議します」の見出しをつけたものですが、様子見のため前者を掲示します。
DSC_0099.JPG
すると食い入るように拙作を見ているおっさんがいます。よく見るとカリスマモデラーの松本州平先生ではありませんか。11月号で震電複座夜戦
DSC_0092.JPG
の製作記事を載せられていたので拙作に目を引かれたのかもしれませんが、恐る恐る感想を伺ってみました。以下そのまとめです。
@ジェット化した場合脚は絶対に短くした方が良い
Aまた(脚が)そのままだと首脚が長いため機首が上を向いて不自然な感じがする
B後部胴体は本作に様に延長しないと尻切れの感じがしてバランスが悪い
C他にも「ジェット震電」はあるが、本作が断然良い
まさに我が意を得たりという感じですが、見る人が見ればわかるということでしょう。
しかし松本氏も審査員の一人ですので、この評価でこの審査結果はいかがなものかとも思いましたが、雑誌にのせるということで見る目がない編集側の意見が通ったということにしておきます(笑)。
何かうまく丸め込まれた感がしないでもありませんが、結局表立った抗議行動はせず会場を後にしました。

ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 22:10| 岡山 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スケビフェス殴り込み

穏やかではない表現ですが、ふざけた審査をした(実際まともに審査をしていない)SAコンに鉄槌を下すべく同フェス会場に作品を持って乗り込んで来ます。
静かなる抗議行動になるのか、文字通りの殴り込み(笑)になるのかは全て先方の出方次第ということで。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 05:01| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

新年のご挨拶

3日になってしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします。
posted by 保険ライダー at 11:21| 岡山 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(メニュー通り) タイム:分秒 トレーニング後データ(入浴後計測) 体重     :s 体脂肪率   :% 内臓脂肪レベル: 骨格筋率   :% ※身長:173cm