2017年02月26日

父子家庭、あるいは兼業主夫、か?

妙なタイトルですが、今月始めから妻がうつ病で入院しておりまして、現在の家族構成(在宅者のみ)が父子家庭、私の立場が兼業主夫ということでタイトルにしてみました。
幸い長女は社会人、長男は高校生なので自分のことはほぼ自分でしてくれます。なので私の主夫業は最低限のもの(例えば食事は各自が近所のスーパーでお惣菜等を調達)で済んでいますが、掃除洗濯(私と長男の分)、食器洗い(家族全員分)は私の仕事となる訳で日々主夫業をエンジョイ(笑)しております。
それにしても全自動洗濯機と食洗機の便利さには随分と助けられております。これで衣類乾燥機があれば言うことなしですが、先立つものがありませんので部屋干しで我慢というところです。
タグ:家族
posted by 保険ライダー at 19:10| 岡山 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

化け猫騒動(スケビコン未掲載事件)顛末記

当地でのスケビ発売は明日なのですが、本日掲載誌が届き掲載確認しました。
DSC_0060.JPG
これでコンテスト(展示会)、ウェブページに続き雑誌でも全国区デビュー(笑)を果たしたことになりますが、編集部のミスがなく正規の審査を受けていたらもっと面白いことになっていたかもしれないと思うと、少々複雑な心境です。

あぁそうそう浜松広報館のマルヨンは落選でした。12日(日)なんJ受賞の翌日の電話連絡です。見る目がないなぁとも思いましたが、作品の出来に関係なく航空自衛隊の広報に最適なものが選ばれることがある、とのことでしたのでまあ仕方がないところです。
タグ:模型
posted by 保険ライダー at 23:51| 岡山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

第4回なんちゃってJMC審査結果発表

こちらで発表です。
おかげさまで参加者からの投票で大賞受賞、加えてハセガワ社長賞受賞で文字通りの完全勝利でございます。

以下の通り参加者の皆様にコメントをいただいたので、出来る限りレス申し上げます(番号は筆者追加)。
@前回を上回る精密さ。脱帽です。所々の筆のタッチアップのはみ出しや筆ムラがなければ一位でした。
A細部の作り込みが凄い ほとんどのパーツを自作しているそうで頭が下がります(自分には出来ません)
Bアフターパーツ無しでこの作り込みは凄いです。先のSAコンペでも上位入賞間違いなしでしょうね。
C細かいです、やっぱり航空機は単体の出来が勝負だと思うんですよ。
Dレベルが高い作品ですネ
Eすごいですね!あのトムをここまで開けてしまうとは!工作力がすごいです。それだけに塗装の詰めの甘さというか(脚部の赤いラインとか)が逆に目立ってしまってもったいない!
F塾長さんらしい、中身を見せちゃう超絶な工作した作品。それも自作パーツがメインとは。うーんすごすぎます。シズオカでは自作パーツのすすめなるネタで講義があればいいとよろしいかと。現物見たいです。
Gもはや言葉がありません(笑)凄すぎます〜。
H丁寧な作り、自作の部品の作り等に好感がもてました。作品を見ているとトムキャットに愛を感じました。カッコいいです。1位をつけさせていただきました。
Iあんな所やこんな所まで開けて・・・やり過ぎです(笑) あそこは?ここは?と色々聞きたくなります。
Jエンジン回りのパイピングがすごい
K圧倒的に細かい。しかもディテールアップを自作パーツで行うという。凄いです。
Lやっぱりパネルオープンにはあこがれます。一度…とは言わず自分でもいくつか作ってみたいです。
M素晴らしい完成度です。気合いがすごいです感動しました!改造ヶ所の密度がすごいですね〜。
・きららより>もはや私の付け足す言葉はないですが、他の方が「塗装のはみ出し等詰めの甘さ」を書いてられますね、でもそこが良さのような気がするんです。これが100%だともう面白くない。手作り感がある作風、作者の人のよさみたいなものが感じられていいです。とにかく決められた時間内にこれを完成させたのが何より素晴らしい。ちなみに何を基準に審査するか人それぞれだなと今回感じました。本来のコンテストはいずれ本家ハセガワが何かやるだろうから(っていうか、やってくれよ!!)、こちらはあくまで「こんなんフツー出すの恥ずかしいけどここになら出しちゃう、ウフ」というか(技術の上手い下手ではなく)ヘンテコな思いつきだろうがなんだろうが、ハセガワキットでこれだけやれるんだ的な作品を並べたい・・・そういう思いです。たまたま超ガチなこの作品ではありますが、今あえてハセガワのトムでトコトンやる!!っていう男気も感じたりして・・・・。皆さまいかがでしょうか。

@様:
前作を凌ぐ精密さは狙っていました。実は塗装は少々苦手でして、その分工作に注力する傾向があります。
A様:
アフターパーツを使おうにもほとんど市販されていませんので、自作に頼らざるえません(笑)。
B様:
ダブル参加はできませんのでSAコンは別の機体でしたが、こちらはこちらで面白いことになっています(笑)。13日発売の㋂号をお楽しみに。
C様:
逆に絵心がない分ディオラマ仕立ては苦手なんです。
D様:
本家JMCで入賞に相当する作品をめざしていますので、こんな感じになっちゃうんです。
E様:
ここまでやる人はまずいないだろうという目論みで製作しました。塗装は少々苦手なもので…。
F様:
シズオカに現物持参します。楽しんでください。ご希望があれば講義いたしますよ(笑)。
G様:
「凄い」と言っていただけるだけで製作者冥利につきます。
H様:
今まで製作した中でトムキャットが一番多いようです。やっぱり好きなんでしょうねぇ。
I様:
聞いてください。お答えします、というか本人言いたくて困っているようです(笑)。
J様:
写真を参考に一部想像です。本体の材料はメートル単位でしか入手できないので、あと30基は作れます(笑)。
K様:
細かいの売りです。模型で細かい分その他のことはアバウトなので困ったものです(笑)。
L様:
是非やってみてください、何かあればご相談に乗ります。とっても楽しいですよ(笑)。
M様:
感動していただきありがとうございます。作った甲斐がありました。
きらら様:
コンテスト運営お疲れ様でした。敢えてトムねこを選んだのは皆さんご存知の難物キットですので「ここまでやれるんだぜぃ」とアピールできればポイント高いかな、と思った次第です。


タグ:模型
posted by 保険ライダー at 22:31| 岡山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(メニュー通り) タイム:分秒 トレーニング後データ(入浴後計測) 体重     :s 体脂肪率   :% 内臓脂肪レベル: 骨格筋率   :% ※身長:173cm