2017年06月18日

震電ジェット化計画 ついに完結

造形村1/32改造ジェット震電、例によっていきなりの完成(笑)です。
製作コンセプトは以前製作の1/48と同様に
@ペラを背負わないので脚の短縮化
A推定必要推力1500kgにつきエンジンの大型化(対ユモ004)に伴う後部胴体の延長
B空気取入口大型化
C実践配備を想定した操縦席内部の小改造
なので、
DSC_0107.JPGDSC_0111.JPG
@とBCがお分かりいただけるでしょうか?
DSC_0108.JPGDSC_0108.JPG
機銃庫内部は素組みです。特にディテールの追加をしなくてもこの仕上がりです。
DSC_0114.JPGDSC_0110.JPGDSC_0109.JPGDSC_0113.JPG
Bとエンジン本体がよく分かります。Bについて1/48ではハセガワのレジンパーツ流用で比較的簡単でしたが、本作では切った貼ったで大変だったうえに、強度不足で一度ならず二度までも破損するわでやれやれな工作でした。またエンジン本体はメーカー純正のアフターパーツでは小さ過ぎかつディテールに乏しいので何やかんや付け加えてそれらしくしています。
Cについても追加されたヘッドレスト、および後上方の防弾ガラスが見て取れると思います。
DSC_0115.JPGDSC_0116.JPG
1/48の2機と並べてみました。なかなか壮観です。
本作は7月のKPM2017に展示のうえSAコンにエントリー予定です。同コン入賞作品を掲載に先立って目撃するチャンス(笑)ですので、是非おいでください。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 22:00| 岡山 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完成おめでとうございます。
いつもながらの塾長ワールド全開でございますね。
付属ですがDUPパーツにさらにDUPを加えるなんてわかりますが、私は最近目が付いていかなくなりました((笑))

最近のキットは(エデュワルド等含め)レジンパーツいらずというのが
ボチボチ出てきましたが、まだまだ少ないようで
キットに含めずとも(高価になるので)
別箱、別売りで「必要な方はそれも買ってね」なんてできないでしょうかね?
プラも人口少ないから(SHS見る限りではそう思えませんが(爆))無理かな?
Posted by シミヤン at 2017年06月25日 11:17
ううむ、これは日本機オタの厨二心を鷲掴みにするアイテムでありますな(笑)
ジェット化に伴う脚の短縮は歓迎されたことでありましょう。
レシプロ震電製作中の身としては、部隊記号をどこに記入するのか?がいちばんの悩みどころであります。(横須賀コ−J にするつもり)
整備用の着脱パネルをよけると記入できるところはほとんど無い…
Posted by シロイルカ at 2017年06月25日 12:04
シミヤン様:
ありがとうございます。取り掛かっては中断の繰り返しで足掛け3年くらいかかったような気がします。
合宿になるかSHSになるか未定ですが、次回参集のおりには実物をお目にかける予定です。

Posted by 塾長 at 2017年06月25日 21:43
シロイルカ様:
ご覧いただきありがとうございます。

>脚の短縮
どれくらい短縮するかは簡単に求められますが、問題はどこを「抜く」かでございまして、毎回悩ましいところです。

>部隊記号

ハセガワの塗装指示そのままでこちらはあまり悩んでおりません(笑)。
Posted by 塾長 at 2017年06月25日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(メニュー通り) タイム:分秒 トレーニング後データ(入浴後計測) 体重     :s 体脂肪率   :% 内臓脂肪レベル: 骨格筋率   :% ※身長:173cm