2016年09月03日

第4回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F-14D

例によって(笑)間があいてしまいましたが製作絶賛進行、もとい悪戦苦闘中でございます。
・兵装関連等
DSC_0060.JPG
AIM-54C×4・AIM-120C×2・AIM-9L×2、およびエンジンアクセスドア仕上がりました。あとは本体完成後に組み付けるだけです。ミサイル本体の銀色の帯の部分は見映えを良くするためハセガワのミラーフィニッシュを貼っています。またドア内側はつんつるてんでは目も当てられませんので、薄加工のうえ写真を参考にちょこちょことやっていますが、完成後は機体の下側になるのでよく見えないかもです。

・本体後部
DSC_0060.JPG
本機組み立てのポイントの1つであるエアインテイク周りですが、慎重なすり合わせと瞬着の活用で何とかクリア。脚庫周りも雑誌の記事を参考に組み付け→微調整の繰り返しで完了。それぞれ塗装まで進めています。

・なんちゃってGE F110エンジン
DSC_0063.JPGDSC_0062.JPGDSC_0061.JPG
いつも通りほぼフルスクラッチです。材料本体分はホムセンで調達、補器類は自作+ジャンクパーツに配線類は糸ハンダでごちゃごちゃで写真を参考にそれらしく仕上げました。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 18:14| 岡山 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

第4回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F-14D

お待たせいたしました(でもないか)。模型ネタでございます。
模型合宿後すぐ取り掛かりましたのでサボっていた訳ではありません。と申しますか締め切りまでの期間とお題の難物さを考えればもっと早く始めても良かったのですが、本体はともかく周辺機材の準備に手間取り少々焦り気味に進めております。では今日までの進捗状況ということで。
・兵装関連
DSC_0060.JPG
いつも通り周辺のものから取り掛かります。ミサイル類は全てハセガワのウエポンセット又はキットパーツからといきたいところですが、AIM-54Cについてはキット化されておらずA型からの改造となります。しかしながらディテールがイマイチですので奮発してエデュアルドのレジンパーツを使用します。ところがこれが入手困難で国内の通販サイトでは軒並み品切れ、海外のサイトでようやく在庫が確認できたのでオーダーしたのですが、
DSC_0061.JPG
伝票には英語ではない横文字が印字してあり、よく見るとウクライナと読めます。少し前なら国内在庫無しで諦めていたところですが、便利な時代になったものです。
なおミサイル類の取り付けは全て金属線を仕込んで補強しています。
・尾翼、噴射口
DSC_0061.JPG
こちらもすべて組立、整形、パネルライン彫り直しまで済ませています。水平尾翼は可動としたいので、こちらも取付ピンに金属線を仕込んで補強しています。
・ビーバーテイル、スピードブレーキ
DSC_0062.JPG
こちらはそれぞれ胴体本体上下のパーツに取付後合わせますので、整形とパネルライン彫り直しまでです。ブレーキパネルは目立たないところですが厚ぼったいので薄加工しておきます。
・乗降ラダー
DSC_0063.JPG
細かい金属部品を含むので組み立てには少々苦労しましたが、キットでは省略されている軽め穴を開口しています。
posted by 保険ライダー at 18:46| 岡山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

オサーン夏の大冒険、あるいはこころ旅か?2016 その@

前回の予告通り行ってまいりました。
往路は主要道、対して復路は海沿いの道を行くため、16日に一気に高砂まで行ってお泊り、17日は赤穂で一泊入れて翌18日帰宅いたしました。では画像別にご報告です。
今回も行きは国道250号を行きました。5:30頃県境
160716_0546~01.jpg
を通過、赤穂市経由で約6時間で到着しました。
160716_0941~01.jpg
初日は雨も降らず暑さもそれほどではなかったため、台風通過後の小雨と蒸し暑さに悩まされた昨年のことを思えば楽な行程でした。
高砂ではだんじりの車庫になっているかつての祖父母の家
160716_1100~01.jpg
を再び訪ねたり。夏祭り
160716_1056~01.jpg
で賑わう商店街をぶらついておりました。
お昼も近づいてまいりましたので、前回と同じスーパー銭湯で一汗流してお昼ごはんです。
160716_1326~01.jpg
高砂駅前のお店でうなぎ御膳をいただきました。本当に久しぶりのうなぎです。この内容で2600円+生大720円(税別)でお得感満載でした。
夜は電車で神戸へ足を伸ばしてちょっと夜遊び(笑)。そこで発見した阪急電車
160716_1633~01.jpg
少々なつかしい「わたせせいぞう」ラッピング電車でございます。当地ご出身だそうで納得いたしました。

翌日は6:00に出発しましたが、すぐに小雨から本降りとなったので通りかかった軒下に避難、
160717_0608~01.jpg
合羽を着用しますが、100均ものですので機能に不安があり(その分「蒸れ」の心配は小さいのですが)小降りになるまでは出られません。この手の小休止を2度ほどしつつ国道250号を西進、網干を通過する頃にはほぼ雨も上がり、海沿いの道をアップダウンを繰り返しつつ
160717_0801~01.jpg
集落を通過し、今回の目的地の一つ室津
160717_0817~01.jpg160717_0818~01.jpg
に到着です。ここは以前訪れた鞆の浦同様いわゆる風待ちの港で栄えたところだそうで、私好みの古い町並みが広がります。一通りぶらついたあとここ
160717_0905~01.jpg
で朝ご飯
160717_0848~01.jpg
です。ここはどうやら近所の爺たちのたまり場となっているらしく、入店後しばらくして10人ほどの爺のみならずネコ(←ニセ合先生出番です、笑)。
160717_0843~01.jpg
までやって来て賑やかなこととなりました。
「兄ちゃんどこから来た」のお決まりの質問に適当に答えた後、彼らの会話に耳を傾けるとどうやら漁師仲間でテレビに出た人がいるらしく、その水揚げのシーンで網に入っていた魚が不自然に多い、多分後から入れたのではないか、といった内容でした。
「気をつけて」声に見送られつつ出発、引き続き海沿いの道を進むと相生市に入ります。ここには石川島播磨重工業(IHI)の工場があり、
160717_0944~01.jpg
修理か何かで停泊中の大きな客船を見ることができました。
相生市街手前まで国道を北上した後海沿いに南下するルートをとろうとしたのですが、IHIの専用道路となっているようで通行できず、一つ山沿いのルートをとることになりました。この地区の沿岸部は関電の発電所までほぼこんな感じで一段高い山の中を行く感じでした。
やっと海沿いに出られると思った道が行き止まりで、戻ってもう1回峠を越してようやく海沿いの道となり坂越に入ります。ここも古い町並みが残されていて、
160717_1115~01.jpg
ここで展示資料を見たり、ガイドのおばさまのお話を聞いたりしました。すでに赤穂市に入りましたので西進すればすぐに市街地ですが、海沿いに赤穂御崎をめざします。この頃になると雲が切れて夏の強い日差しが顔を出し始めます。日焼け止めを早めに塗って対策をしますが、暑さの方はどうにもなりません。暑い中赤穂御崎
160717_1157~01.jpg
に到着、休憩と水分補給です。
ここから赤穂市街はすぐですが、チェックインまで時間があるので港の外れ
160717_1303~01.jpg
まで行ったり、民俗資料館(明治時代の塩の専売関係の建物で重要文化財だそうな)
160717_1514~01.jpg
でちょっとお勉強(笑)です。桶の職人さんの仕事内容はイラスト入りで紹介
160717_1436~01.jpg
されたりしていて興味深かったのですが、モデラーとしてこの精神
160717_1436~02.jpg
は肝に銘じておくべきと思いました。
時間が来ましたのでチェックイン、一風呂浴びて駅前の居酒屋で晩ご飯
160717_1701~01.jpg
です。
ドリンクにお刺身・生ガキ・海鮮浜焼きなどなどで5000円余り、美味しくいただきました。旅行中の食事は事前に調べて行ってもなかなか思った通りのものが出ないことがあるのですが、今回はいずれも当たりで結構でございました。

最終日は疲れがたまっていたこともあり7:00頃出発、峠を一つ越して備前福河までは国道250号を行きます。ここは地名は「備前」ですが、住民の要望で50年ほど前に兵庫県に編入されたそうで、確かに岡山県側日生町方面よりも兵庫県側赤穂市方面のほうが峠道も低いし距離も近いようなので、住んでいる人にしてみれば当然の要望だったのかもしれません。
国道を海の方向に左折して海沿いにまず東進します。行き止まりのことはわかっているのですが、一応こんな感じ
160718_0808~01.jpg
で道がない訳ではなく、相生付近と同じ関係者以外通行禁止ということでした。
折り返し海沿いに西進します。こんな防潮堤(陸側の方が水面が低いように見えますが、それゆえの防潮堤なんでしょう)
160718_0816~01.jpg
を通って前方の半島部分の海沿いの道を進みます。途中海沿いの集落に降りてお決まり(笑)の行き止まりを食らうも県境の標識を探しつつ進んだのですが、結局見つからず(見落とした?)気がつけば日生町側に入っておりました。折り返して探しても良かったのですが、下ってきた道をもう一度上る気力もなくそのまま国道250号に合流、疲れを引きずりながら途中休憩を何度かとりつつお昼頃帰宅、3日間の走行距離約250qでした。
これで倉敷市児島から兵庫県高砂市まで海沿いの道を概ね走破したことになりました。
posted by 保険ライダー at 16:28| 岡山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

オサーン夏の大冒険、あるいはこころ旅か? その⓪

妙なナンバリングで申し訳ございません。
実は今年も今週末の3連休でその@を予定しており、宿の予約等準備を進めております。行先は昨年と同じ兵庫県高砂市ですが、前回春の旅で今後は海沿いの道を行くなどと宣言した手前最短ルートはとらず日程も余裕を持たせています。しかしながら最近になって当初の予定でいくと最終日が色々な意味でエライ事になりそうな気がしてきました(←今頃かい!)。
という訳で10日(日)にその最終日分の一部を前倒しでやってしまうべく、備前市から海沿いに瀬戸内市の錦海塩田跡地を周って帰ってまいりました。ルート自体はこんな感じ
160710_0928~01.jpg
の海沿いの漁業集落をつなぎつつアップダウンを繰り返すという前回2日目によく似た展開でした。
ラベル:自転車
posted by 保険ライダー at 23:07| 岡山 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

第10回元祖模型合宿ご報告

DSC_0068.JPGDSC_0069.JPGDSC_0070.JPGDSC_0071.JPG
今年も信州安曇野のいつもの場所で開催、無事終了しました。皆様お世話になりました。
今回のお題は「島嶼防衛」ということで、陸海空様々な作品ができあがりました。詳しいご報告や作品解説は各参加者のブログをご参照ください。
次回は新展開ということで楽しみなような心配なような(笑)。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 18:40| 岡山 ☔| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

模型合宿2016お題 FM1/48彗星夜戦

・完成予想(笑)
デカール乾燥後スミ入れして艶消しクリアでトップコート、残る翼端灯等クリア部分を色差しして塗装は終了しました。後は小物類を接着して完成というところですが、それは合宿会場でというお約束ですので、それらを仮付した状態で完成予想とさせていただきます。
DSC_0063.JPGDSC_0064.JPGDSC_0065.JPGDSC_0066.JPG
全体像です。先輩方の記事にあるうえに製造元も認めた難物ということで、いろいろと楽しませて(笑)いただきました。特に機首部分については組立中にどうにもならなくなりかけたため、パネル1枚を丸々切り取って整形後再び戻すという荒業に出て何とか事なきを得ています。
DSC_0061.JPGDSC_0067.JPG
数少ない自作改造部分ということで、なんちゃってアツタ32型エンジンをネット画像等を参考に自作しています。プラグコードはちゃんと12本作っていますがご確認いただけますでしょうか?空冷エンジンに比べれば単純な形状ではありますが、あくまで雰囲気ということでご容赦ください。
また空気取入口と一体化したパネルも一部推定を交えて自作しています。取り付けた場合にちゃんと空気が通るようにしてはおりますが、こちらも雰囲気ということで。
DSC_0062.JPGDSC_0060.JPG
コクピット内部等はメーカー純正のディテールアップパーツを普通に使っておりますが、キットのままではキャノピーは開いておりませんので、そのまま組んだらよく見えません。という訳で部品請求で複数入手し切り刻んで薄加工し開状態にしておりますが、これがまた難物で薄加工の途中で割れること数回、何とかごまかしてはいますが、もう少しうまくできないものかというところです。
その他詳細は合宿会場にてご覧いただくということで。

ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 13:40| 岡山 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

模型合宿2016お題 FM1/48彗星夜戦

・塗装〜デカール貼り完了
DSC_0060.JPGDSC_0061.JPG
前回ご報告後静岡HS遠征などがありましたがここまできました。
塗装は白サフ吹き修正後、日の丸・歩行禁止線部分の#3レッドと味方識別帯・プロペラ警戒線の#58黄橙色、更に偏流測定線の#1ホワイトを塗装後所定のマスキング、つまり機番・注意書き・燃料注入口以外はほぼ塗装での表現となります。
その後機体色下面についてはパネルライン上に#40ジャーマングレイを吹いて、#35明灰白色でラインがうっすら透けて見える感じで仕上げ。同上面については#125濃緑色(三菱系)をベースに@暗めA明るめBビン生を準備。大まかにパネルライン上に@を吹き、パネル内部はAで退色感を出し、Bで不自然にならない感じでグラデーション、という感じです。
乾燥後マスキングテープを剥がして修正後デカールを貼り、現在乾燥待ちというところです。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 15:21| 岡山 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

静岡HSご報告

昨夜21:00頃無事帰還いたしました。以下簡単ですがご報告です。
DSC_0060.JPG
当初夜行の「サンライズ瀬戸/出雲」で朝一に現地入りを目論んでいたのですが、満席につき当日朝一の新幹線で出発しました。
DSC_0061.JPG
会場は常連の皆様にはお馴染のツインメッセ静岡ですが、10:00頃到着するもすでに押すな押すなの状態で、人混み慣れしていない私はパニック寸前(笑)でありました。何とかなんJブースに辿り着き挨拶と展示を済ませたのですが、その後は店番と会場徘徊でもみくちゃのばたばたで、訳の分からないうちに2日間が終了した感がありました。
実を申せば体調が今一つであったことに加えて、サブで展示予定の1/48FA-18Eが搬送中の破損により展示不能となり少々心残りな部分もあったことは確かで、来年のリベンジを早くも誓う状態となっております。となれば第4回なんJ参加と入賞は必須な訳で、これまた自分で自分にプレッシャーかけてどーすんだい、というところです。
おっとネコも忘れてはおりません。
DSC_0062.JPG
場内があまりの人混みだったので、休憩がてら会場周辺をぶらついたときに遭遇しました。今回は純然たる野良(笑)らしく、これ以上の接近もお触りもNGでした。
ラベル:家族 模型
posted by 保険ライダー at 09:24| 岡山 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

明日からは静岡HS

でございます。
126番なんちゃってJMCのブースに例のマルヨンを出品します。
14日(土)は10:00〜11:00、また15日(日)は14:00〜15:00が(店番)当番なのでよろしくお願いします。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 21:20| 岡山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

模型合宿2016お題 FM1/48彗星夜戦

久しぶりの模型ネタでございます。過去記事を見たらこれが本作最初の製作記事みたいです。いけませんね〜、更新をサボっては。
いきなりの士の字ですが、この後白サフでバカ殿様状態となりますので、ここらで途中経過ご報告です。
DSC_0060.JPG
全体像です。難物キットで有名(笑)ですが、黒瞬着や白いプラ板の修正痕で何があったかはご想像いただけるかと思います。
DSC_0061.JPG
なんちゃってアツタ32型エンジンです。いつもの自作(笑)です。実は今回の自作部分はここだけで、他はメーカー純正のディテールアップパーツを使っています。最近の芸風から何でも自作のように思われるかもしれませんが、メーカー純正のものがあればそちらを使いたいというのが本音でございます。
DSC_0062.JPGDSC_0063.JPG
という訳でコクピット内もその手のものてんこ盛りです。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 18:28| 岡山 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

オサーン春の冒険、あるいはこころ旅、か?2016 @後編

さて続いては志度の街の東側の海岸線を行きます。
・地図を持たないとこうなる、か?
正確には頭に「詳細な」が付きますが、海沿いの道が所によっては行き止まりということもある訳で、上り下りをヒイコラいって辿り着いたら
160430_0834~01.jpg
こんなことに(笑)ということになってしまったりもします。画像向かって右方向に行ける道はありません。道がだんだん狭くなっていましたので、嫌な予感がしたのですが行き止まりです。
仕方がありませんから戻って道を探しつつ景色の良い所で1枚
160429_1227~01.jpg
大串自然公園内で多分この辺が先っぽでしょうと勝手に1枚
160429_1245~01.jpg
しんどいですが心癒される風景が続きます。

この先は小田の街から津田の松原を経て今回は終了となりましたが、カメラ兼携帯が電池切れ間近となったので画像はありません。

・やはりうどん県
ですので、2日間の昼食はうどんでございます。
160429_1135~01.jpg160429_1121~01.jpg
1日目は志度の街から国道11号を東に少し行った所にある「源内うどん」さんの「かしわ天うどん」です。うどんに鶏肉の天ぷら(鶏天)をトッピングというのは当地独特な感じです。大量の鶏天は肉好きには嬉しいところです。
2日目は津田の松原近くの「麦わら」さんの「肉ぶっかけうどん(冷やし)」ですが、携帯電池切れの関係で画像はありません。朝から水分だけで50qを走った後ということもありましたが、非常に美味しゅうございました。

・ニセ合光昭降臨(笑)
お待たせしました。日本ネコまたぎのコーナーです。今回は2か所で撮影することができました。
まずは志度の漁港近くにて
160430_0757~01.jpg160430_0800~01.jpg
「魚あるところにネコがいる」の法則通りでした。
もう1枚はたまたま休憩で立ち止まったところで遭遇です。
160429_1154~01.jpg
いずれも野良っぽいですが、ご近所で可愛がられているようで「餌くれぇ〜」とばかりに向こうから寄ってくる感じでした。



ラベル:自転車
posted by 保険ライダー at 10:11| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

オサーン春の冒険、あるいはこころ旅、か?2016 @前篇

29・30日とお出かけしてきました。
今回は前回乗り鉄の旅の時(自分の脚で)走った屋島周辺が良かったので、自転車で足を伸ばして海沿いに更に進むことにしました。題して「海と大地の境を巡る旅」でございます。
ところが単純に海沿いの道、つまり海に最も近い道を行けば良いと当初は思っていたのですが、この「海に最も近い道」というのが少々厄介ということに今回気づかされました。その手の道というのは通常海沿いに集落をつないでいくものですが、例えば海に山が迫っているようなところでは海に面した平地はあまりありませんので、その少ない平地に開けた集落に出入りする毎にアップダウンが続く「山道」が当然多くなる訳で、50過ぎの自転車に乗ったオサーンはヒイコラいわされる訳です。
加えてこの時期の紫外線がくせ者で、寒気が入って最高気温が20度を下回りヒートテックなインナーを着用しなければならない程の冷たい風が吹いてもその強さは半端なく、無帽の額の生え際と手袋のない手の甲は他の部分は寒さ対策をしているのに真夏並みの日焼けでヒリヒリ、という訳のわからないことになってしまいました(笑)。

では項目毎にご報告でございます。
・玉野市改め玉野の市か?
いつものように朝暗いうちに出発し宇野港まで自走するのですが、フェリーの出港時刻まで時間がありますので市街地をうろちょろと…。
ここ玉野市は漫画家いしいひさいちの出身地だそうで、作品中のキャラクター「ののちゃん」に引っかけて「たまのの市」として町おこしが行われているようで、
160429_0554~01.jpg160429_0604~01.jpg
こんな感じで案内板なんかを目にすることができます。

・四国までの往復は四国フェリーで
宇野港
160429_0621~01.jpg
から出港して
160429_0704~01.jpg
見づらいですが瀬戸大橋なんかを見つつ
160429_0734~01.jpg
160429_0755~01.jpg
高松港に約1時間で到着する行程を往復します。

・屋島の先っぽ長崎ノ鼻
屋島の周回路から案内板に従って入って行き、
160429_0850~01.jpg
ここまでは自転車、先端に向かって少し歩くと
160429_0849~01.jpg160429_0846~01.jpg
こんな感じで展望が開けます。ここは開国当時砲台が築かれていたそうで、石積の跡などがあり当時をしのぶことができます。

・庵治町は石の街だけではなかった
狭い入り江をはさんで西側の庵治町に入るとやたら石材店の看板が目に入ります。
160429_0918~01.jpg
こんな感じで山から石を切り出しているようで、庵治石といういわゆる御影石なブランド石?なんだそうです。すぐ隣の屋島は全く性質の異なる玄武岩なんですが、地質(学)的に何か理由があるんでしょうかね。
160429_0927~01.jpg
そうなんです。石の街だけではなくピカチュウ、もとい「せか中」のロケの街でもありました。案内板を見てそう言えば昔そんなニュースがあったようなことを思い出しました。
道の途中でこの辺が一番海に突き出していそうなところから1枚です。
160429_0951~01.jpg

・乗り鉄でも来ましたが(笑)
琴電志度駅前で1枚です。
160429_1044~01.jpg
乗り鉄で行った所に自転車で再訪、というのも同じものを別の視点から見るようで悪くはないと思うのですが(笑)。

(たぶん続く)






ラベル:自転車
posted by 保険ライダー at 21:33| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

2016乗り鉄の旅、あるいはなんJV旅行

久しぶりの乗り鉄でございますが、今回は趣向を変えて琴電こと高松琴平電鉄全線完乗をめざします。
いつもの早朝
DSC_0060.JPG
暗いうちに高島駅を出発、岡山でマリンライナーに乗り換え高松をめざします。
途中
DSC_0061.JPG
備前西市を過ぎたあたりで日の出、瀬戸大橋上からは
DSC_0062.JPG
いつもの海の眺めです。

高松駅から少し歩いて
DSC_0063.JPG
高松築港駅へ。ここで1日フリー乗車券
DSC_0078.JPG
を購入し、
DSC_0064.JPG
40年以上前に家族旅行で栗林公園まで乗車して以来の琴電でございます。このまま終着まで行きたいところですが、せっかく「うどん県」に来たので食べておきましょう。
DSC_0065.JPG
瓦町で途中下車、少々歩いてセルフのうどん店でいただきます。天ぷらが揚げたてでなかったのか香ばしさが今一つでしたが美味しゅうございました。
瓦町駅に戻り乗り鉄再開です。琴電には瓦町から分岐する形で長尾・志度・琴平の3路線あるのですが、琴平線は折り返しで少し時間をとりたいので最後にすることにしています。あとの2つで早く乗れる方から始めようと思ったところ、長尾線
DSC_0066.JPG
が先に来ましたので早速乗車します。しばらく街中を走った後は郊外の田園地帯をゆっくり走って終点長尾着。
DSC_0067.JPG
そのまま折り返して往復1時間少々で瓦町へ戻り、志度線
DSC_0068.JPG
に乗り換えます。3路線の中で最も海沿いを走る志度線ですが、終点近くで
DSC_0075.JPGDSC_0073.JPG
こんな感じで海が間近に見えます。
こちらも終点ですぐ折り返し、
DSC_0069.JPG
やはり往復1時間少々で瓦町へ戻り、最後の琴平線
DSC_0076.JPG
で出発します。
こちらは先の2路線の倍近い距離がありますので、1時間弱でいかにも金比羅山の門前町
DSC_0077.JPG
といった感じの琴電琴平駅に到着です。
ここでは珍しく駅の外に出て町をぶらつきます。といっても観光客でにぎわう参道はそこそこにして裏通りへ、毎度お馴染の(笑)ネコを探しに行きます。
しかしなかなか出会えません。1時間近くぶらついたでしょうか、「野良猫に餌やるな」の貼紙や猫除けの水の入ったペットボトルは散見されたのですが、肝心のネコには結局出会えず仕舞いでした。
最後は高松築港まで戻り今回の乗り鉄は終了です。
その後はV旅行モードで高松の夜を存分に楽しみました、ということで(笑)。

ラベル:
posted by 保険ライダー at 12:44| 岡山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

なんちゃってJMC結果発表

残念ながら大賞とはいきませんでした。
結果はこちら

が、(大賞・金賞に続く)銀賞でした。参加およそ40、審査対象30あまりの中での3位ですからまあ良しとしましょう。
次回もあれば挑戦でございます。
posted by 保険ライダー at 22:10| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

第3回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F104J 画像公開

なんちゃってJMCの審査が開始されましたので、詳細画像の公開が解禁されました。
お待たせしました。久しぶりのコンテスト出品、激闘5か月の果てに入賞をめざす入魂(笑)の一作をご堪能ください。
なんJ1.JPGなんJ3.JPGなんJ2.JPGなんJ4.JPG
全体像です。シャープなマルヨンのシルエットが銀塗装で更に引き立っております。機首ピトー管のみファインモールドのパーツを使用した以外は全てキットパーツおよび自作部品でディテールアップしております。

なんJ5.JPGなんJ6.JPG
なんJ7.JPGなんJ10.JPGなんJ9.JPG
コクピット周りとサーキットブレーカー収納部、およびエンジンアクセスドア周辺部です。ハセガワ社屋上の実機写真を参考にしておりますが、電子機器室内は軍事機密(ホンマかいな)ゆえ一部推定(笑)です。

なんJ8.JPG
左舷バルカン砲収納部および同本体です。詳細な画像がありませんでしたので一部推定です。

細部の作り込みを完成後改めて見るにつけ、これホンマに俺が作ったんかいな?いやいや模型のカミサマの仕業に違いない、と毎度のことながら思ったり(笑)。

いかがでしょうか?入賞して静岡HS持ち込みを目論んでおりますが、どうなりますことやら。
あぁ模型合宿には必ずお持ちしますのでご心配なく(←誰も心配なんぞしとらん)。

しかしなぁ、落選したらまた腐りそうだなぁ。
という相も変わらず器の小さいワタクシでございます(笑)。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 23:58| 岡山 ☀| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

震電ジェット化計画 完結編 造形村1/32、

そろそろ模型合宿お題に取り掛からないといけませんので、このあたりで一区切りつけます。
・完成予想
DSC_0063.JPGDSC_0064.JPG
胴体・主翼等外装、脚は仮組ですが、こんな感じです。短縮した脚柱が分かると思います。
主脚取付部はこんな感じで、
DSC_0062.JPG
フレームと一体成型された取付部をフレームごと一旦切り離して内側へ移動、接着しています。脚庫も当然要加工ですから、脚柱短縮で不要になった脚庫扉の部品で蓋をして整形しています。移設された主脚取付部の外側に加工部分が見えますね。
コクピットおよび周辺はほぼキットのままで、塗り分けと背部防弾板・パイピング追加だけでここまでできます。
DSC_0066.JPGDSC_0065.JPG

その他コクピット以外の機体内部は無塗装の設定ですので、相当部分をアルクラッドUのジュラルミンで塗装しています。
posted by 保険ライダー at 17:44| 岡山 ☁| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

SAM(四国エアモデラーズミーティング)2016高松

行ってまいりました。一昨年・昨年(UAMC2015徳島)に引き続き3回目でございます。3回目ともなれば主催者や他の参加者の皆様とも顔馴染となり、模型談義に花が咲きます。
それではごく一部ですが作品のご紹介です。
DSC_0063.JPGDSC_0065.JPGDSC_0060.JPG
私と近い芸風ですが、開閉可動でさらに上をいく松山エアモデラーズクラブ木下さんの作品です。作り込みはともかく開閉可動は私にとって未知の領域です。
DSC_0066.JPG
同じく関家さんの作品。F4Uは電動で主翼折り畳み、B777は翼端灯が転倒します。レベル1/40スカイレーダーで同じことをやって欲しいと思ったのは私だけか?(笑)
DSC_0064.JPG
同じく藤岡さんのファントム尽くし(笑)です。塗装がお見事でした。
DSC_0070.JPG
岡山未完成チーム岡部さんの雷電造り比べ。ハセガワ版と造形村版で微妙な違いがあるそうです。
DSC_0072.JPG
「百年ファントム」の村上さんの彩雲です。いたるところに手が入っています。一つ一つコメントするまでもないでしょう。
DSC_0068.JPGDSC_0067.JPG
最後は私です。今回は2区画お借りしましたが、やっぱり少々狭苦しいですね(笑)。

DSC_0071.JPG
お待たせしました、ニセ合光昭の「日本猫またぎ」です(笑)。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 22:04| 岡山 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

展示会

明日明後日と高松で展示会(四国エアモデラーズミーティング)です。
昨年のUAMC2015徳島のローカル版みたいなものですが、例のごとくわざわざ参加費を払って作品を人目にさらそうという腕自慢、あるいは身の程知らず(笑)が多数参集、楽しいことになりそうです。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 23:12| 岡山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

震電ジェット化計画 完結編 造形村1/32、

本件の更新は久しぶりですが、日々少しずつ進めておりました。
・脚柱短縮
1/48でもやりましたが、ジェットエンジンへの換装によりペラを背負う必要がありませんので、こちらでも当然やります。しかし1/48のデータが完成品しか残っていませんので、採寸と現物合わせで進めることとします。
やったことがある人にはイメージし易いと思いますが、切り詰める寸法を出すのは比較的簡単ですが、問題はどこをどれだけ切り出すかです。幸い本機の場合は差し支えない部分で必要部分が切り出せましたので、首脚柱は脚庫を含めてこんな感じ
DSC_0060.JPG
主脚柱はこんな感じ
DSC_0061.JPG
です。
接合部分の金属線補強と取付角調整も忘れずにやっております。これで脚庫や同扉の作業にかかれます。
posted by 保険ライダー at 23:57| 岡山 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

SAM2016準備

1月23・24日の両日高松で開催されます。あと2週間というところですが出品作品は完成しています、というか現在製作中のものは間に合いませんので、準備と言っても作品の埃を払ったり作品カード
DSC_0040.JPG
を作ったりするくらいですが、これが結構面倒でお昼から取り掛かって夕方ようやく完了です。後はトムキャット専用搬送ボックスですが、屋外での作業となりますので、後日ということで。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 16:51| 岡山 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(メニュー通り) タイム:分秒 トレーニング後データ(入浴後計測) 体重     :s 体脂肪率   :% 内臓脂肪レベル: 骨格筋率   :% ※身長:173cm