2015年11月18日

第3回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F104J

いきなりですが本日完成いたしました。6月下旬の開始ですので開始から約5か月で完成です。実展示に向けて少々手直しが入るかもしれませんが、Web画像での審査に関しては充分な状態です。
製作記事にもあるようにコクピット、および同後部電子機器収納部・バルカン砲収納部・サーキットブレーカー収納部・エンジン下部の各アクセスドアをオープンとし、実機画像を参考に市販のディテールアップパーツは一切使用せず(機首ピトー管を除く)、キットパーツまたは素材からスクラッチしています。
それはもう凄い出来でこんな感じ、と申し上げたいところですが、レギュレーションにより審査結果発表まではネット上での画像公開は控えることとなっておりますので画像はありません。但しリアルにお会いした際にはお見せできるかもしれませんし、非公開の条件で画像をお届けすることができないこともないのでご希望の方(いるのか?)はお申し出ください。
いずれにしても入賞の場合は静岡HS、また結果に関係なく模型合宿や各種展示会でお披露目しますのでお楽しみに(笑)。
タグ:模型
posted by 保険ライダー at 20:45| 岡山 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

51歳にして人生初フルマラソン、か?(笑)

という訳で結果報告です。
ネットタイム(スタートライン通過〜ゴールライン通過)4時間44分22秒、途中まったく歩くことなく完走です。
ちなみに最近3か月のハーフマラソン相当距離の持ちタイムが1時間50分ですから、理屈のうえではサブ4も可能なように思えますが、そうじゃないのがフルマラソンのフルマラソンたるところです。30km走の結果からある程度予測はしていましたが、やはり30km後ペースダウンが目を覆うばかり(笑)でした。
ここで対策がどうとか目標タイムがどうとか言い出すと今の模型、或は少し以前のエンデューロレースの如く「地獄」(笑)になりますので、今後どうするかはは今のところは保留としておきます。
posted by 保険ライダー at 17:15| 岡山 🌁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

51歳にして人生初フルマラソン、か?(笑)

突然ですが11月8日の「第1回岡山マラソン」に出走します。
ご存じの通り普段から走ってはいますが長くてせいぜい20qくらいですので、一体どんなことになるやらです。実際先週土曜日までに3回ほど30km走を試しにやってみたのですが内1回は20q付近でリタイヤ、あとの2回は3時間少々でゴールしたもののその後は脚が動かなくなりとてもじゃないがあと約12kmは同じペース、いや相当ペースダウンしても無理、な状態でした。
当然いろいろ情報を集めて対策は考えています。たとえばスタート前の食事とかレース中の栄養補給とかですが、実際に試した訳ではないので正直不安しかありません。それよりも問題なのは当日の天候です。
         くもり一時雨 降水確率60%
だそうで、よりによって「晴れの国」の「初マラソン」で雨とは余程普段の行いに問題がある(連中が集まった)のかもしれません(笑)。
もちろんやるからには自分なりに目標タイムもあったりしますが、模型と同じで結果がすべてと思っておりますので、その辺のことは結果が出てからのご報告ということで。
posted by 保険ライダー at 21:28| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

第3回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F104J

珍しく(笑)2週続けて更新です。
・電子装置室
DSC_0040.JPG
塗装後艶消しクリアでコートしスミ入れ、所定の位置に接着します。この作業自体はすぐ完了したのですが、
DSC_0042.JPG
キャノピーを含めたハッチの塗り分けと修正、加えて
DSC_0043.JPG
キャノピー内装の製作に時間がかかりました。画像では分かりにくいかもしれませんが、バックミラー等すべて自作です。

・サーキットブレーカー収納部
DSC_0044.JPG
同じように進めます。あとバルカン砲収納部を含めたアクセスドア内側も
DSC_0041.JPG
塗装、スミ入れ後艶消しクリアでコートして完了です。
タグ:模型
posted by 保険ライダー at 22:10| 岡山 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

第3回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F104J

久しぶりの更新かつ模型ネタです。何とか進んでいます。

・本体組立完了(画像はありません)
胴体はレドームおよびエアインテイク部分の隙間・段差処理に時間がかかりましたが、満足のいく仕上がりとなりました。主翼は特に加工を必要とする部分もなく合いも良いので、前後フラップをダウン位置にしてすんなり組立完了です。特筆すべきは胴体との合いの良さです。文字通りのパチピタで、塗装終了後の組み立てでも大丈夫そうです。また尾翼は1枚ものですのでパネルライン等をなぞって完了です。

続いて開口部をデッチアップします。エンジンアクセスドア以外は未塗装、仮組み状態です。
・サーキットブレーカー収納部
DSC_0041.JPG
・エンジンアクセスドア
DSC_0043.JPG
例のごとくそれぞれ画像を参考にプラ材・糸ハンダ等でデッチアップしております。

・電子装置収納部
DSC_0040.JPG
稼働機の画像が入手できなかったので、ハセガワ本社展示機の画像プラス一部想像での作業となりました。画像をよく見ると平たい五角柱、というか一部の欠けた直方体のモジュールを1単位として構成されているようですので、2ミリのプラ板から20枚前後切り出して整形、適宜組み合わせて針金・糸ハンダデッチアップしておきます。

・バルカン砲収納部
DSC_0042.JPG
鮮明な画像が入手できませんでしたのでほとんど想像でやっています。突っ込みはご勘弁ください(笑)。


タグ:模型
posted by 保険ライダー at 14:28| 岡山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

オサーン秋の冒険、あるいはこころ旅、か?

・失われた鉄路を辿る
今回は現JR有年駅から播州赤穂(JRの駅からはやや南、神姫バスウエストの営業所辺り)を結んでいた赤穂鉄道です。
いつも通り暗いうち5:00頃に自宅を出発し有年駅をめざしたのですが、備前IC付近で何を思ったか山陽自動車道の側道に入ってしまい、結局赤穂市に最初に行く
150921_0724~02.jpg
ことになってしまいました。ということで播州赤穂から有年駅へ廃線跡を辿ることになり、赤穂市での目的(後述)のために同区間を往復することになりますが、仕方がありません。
まずは播州赤穂駅跡の神姫バスウエスト営業所です。
150921_0810~01.jpg
ありがたいことに標柱が立っています。実は駅跡などのポイントポイントでこのような標柱がこんな感じで
150921_0851~01.jpg150921_0905~01.jpg150921_0913~01.jpg
立っていて大変分かりやすく辿ることができます。
そして全国二千万人の猫好きの皆様お待たせいたしました。「にせ合光昭の日本猫またぎ」(笑)のコーナーです。今回は野良のようですが人懐っこいこの子
150921_0825~01.jpg
と後から仲間に入れてくれい、とやってきた飼い猫のこの子
150921_0827~01.jpg
です。野良と思しき子も毛並みの色つやは良く餌には不自由していないようです。たぶん後から来た子と一緒に餌を貰っているのでしょう。二匹ともお触り、写真撮影ともOKのいい子でいした。
話を赤穂鉄道に戻します。途中千種川を渡る鉄橋の橋脚跡
150921_0901~01.jpg
なんかも見つつ
150921_0933~01.jpg
有年駅に到着、トイレ休憩後折り返し赤穂市へ向かいます。
1時間もかからず赤穂市に帰って来たのですが、目的の店の開店まで少々時間がありますので珍しく観光します。
播州赤穂と言えばこの方。
150921_1133~01.jpg
「おのおの方夜でござる」の大石さんをリーダーとする赤穂浪士四十七士、今風に言えばAKR47(笑)といったところでしょうか。日本人なら知らない者はまずいない方々でございますね。お城もこんな感じ
150921_1036~01.jpg
で入場無料のところを散策しました。
さて、今回のもう一つの目的はこれ
150921_1114~01.jpg
鱧の天ぷらと塩ネギいりのお蕎麦です。鱧は焼いたり湯引きしたものしか食べたことがなく天ぷらは今回初めてだったのですが、予想通り上品な白身がふっくらと仕上がっており美味しくいただきました。また塩ネギですがしょっぱいネギというのではなく、塩水(海水)を混ぜて栽培しており普通のものよりも甘いのだそうです。どうやら台風で海水を被ったらそうなった、というのが誕生のヒントになったのだそうです。残念ながらネギ自体をこのような形で食したことがあまりありませんので、普通のと比べて甘いというのは分かりませんでしたが、こちらも美味しくいただきました。
帰りは7月の高砂行きの反対方向に国道を戻ります。
150921_1212~01.jpg
見覚えのある峠の風景ですね(笑)。
その後備前市内で転倒しかけて何とかしのいだものの股間、というかお宝とケツの穴の間を強打したうえにリアフェンダーが割れて修理というおまけ(笑)がついて、走行距離約126q、16:00頃帰宅しました。
タグ:自転車
posted by 保険ライダー at 17:58| 岡山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

第3回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F104J

すみません、しばらく更新をさぼっておりました。
が、製作はさぼらず進めております。

・胴体接合
DSC_0040.JPG
前もって仕込むものが準備できましたので、現在接着線の処理中です。

・なんちゃってJ79エンジン
DSC_0043.JPG
2種類のシルバーとクリア系その他でそれらしく塗装後仕込みました。それらしく見えるかな(笑)。

・同アクセスドア兼油圧系配管
DSC_0044.JPG
写真を参考にプラ板、銅線その他でデッチアップ。こんな感じで取り付けますが、塗装はこれからです。

・開口(収納)部
DSC_0041.JPGDSC_0042.JPG
左側がバルカン砲、右側がサーキットブレーカー等の収納部です。ご覧の通りやるからにはファスナー(あるいは取付ボルト)の穴まで再現しないとこのスケールでは手抜き感が溢れてしまいますので、少々オーバースケール気味なのは目をつぶってやっております。
タグ:模型
posted by 保険ライダー at 19:25| 岡山 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

第3回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F104J

細々と進めております。
・コクピット終了
DSC_0040.JPGDSC_0041.JPG
計器盤はモールド+デカールをパート毎に貼ってこれでもかとマークセッターを塗りたくって馴染ませ、乾燥後艶消しクリアを吹いて計器盤にクリアを垂らして一丁上がり、レーダースクリーンとHUD発光部分はミラーフィニッシュ貼付のうえクリアグリーンを塗り塗りしてあります。
左右コンソールも計器盤同様にモールド+デカール+マークセッター攻撃で写真を参考に少々色を差しています。

・なんちゃってJ79ターボジェットエンジン
DSC_0042.JPG
アクセスドアから見える部分だけ写真を参考にデッチアップ。プラ材・糸ハンダが大活躍しております。これでメタルプライマーの上から着色すれば何とかそれらしく見えるはず(笑)。
タグ:模型
posted by 保険ライダー at 22:11| 岡山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

英霊帰還ス

今年も8月15日がやってまいりました。
例年通り祖父をお迎えに行きましたが、今年は自転車でございます(笑)。
150815_0653~01.jpg
posted by 保険ライダー at 07:46| 岡山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

オサーン夏の冒険、あるいはこころ旅、か?

・失われた鉄路を辿る
前回に引き続き廃線跡を辿ります。今回は片上鉄道ということで朝6:00に出発、通い慣れた(笑)道を備前市片上地区をめざします。本線は元々同和鉱業柵原鉱山の鉱産物(硫化鉄鉱と言うそうな、40歳以上で岡山県民なら小学校の社会科で必ず習ったはず)を港に運ぶために敷設されたものなので、
150811_0728~01.jpg
画像では少し分かりづらいですが、駅は港にありました。そこからレールは内陸に伸びていたのですが、街中では途切れ途切れで
150811_0737~01.jpg
話に聞いていたサイクリングロードになったのは赤穂線をくぐるあたりからでした。前回の下津井電鉄ほどではありませんがトンネルや
150811_0755~01.jpg
駅、
150811_0800~01.jpg
あるいは標識など
150811_0749~01.jpg
がよく保存されておりました。とはいえメンテナンスが大変そうな大きな鉄橋なんぞは
150811_0921~01.jpg
橋脚の土台だけになっております。
と保存状態も良好だったのは和気郡内までで、赤磐市〜柵原町に入るとサイクリングロードはあるものの軌道跡を辿らないことも多くなり、飯岡駅跡に至っては
150811_0953~01.jpg
田んぼの真ん中で朽ち果てるままになっておりました。おそらく廃線から「片鉄ロマン街道(←実はこんな名前がついています)」としてリニューアルされたのが約12年後ですので、場所によっては一般道になってしまったり家が建ってしまったのだろうと思いますが、その辺は我が家の近所の西大寺鉄道ほどではありませんが致し方のないところかもしれません。
そして終着も近い吉ヶ原駅
150811_1034~01.jpg
では保存会により月1回の運転会が行われておりますが、平日ということで訪れる人も少なく当時の車両が保存されている
150811_1038~01.jpg
こともあり、そこだけ時が止まったようなところでした。
さて冒頭にも述べましたが片上鉄道は元々鉱産物運搬のためのものですから、終点(出発点)であればそれっぽい施設があって然るべきですがここにはありません。どうやらまだ先があるようですが今回そこまで事前に調べていませんので軌道跡を更に辿ることとします。まぁ事前にわかっていれば行き過ぎて役場の人に的外れな質問(笑)をしたり、余計な時間を費やすこともなかった訳ですが…。
結局藪漕ぎの真似事をしたり他人様の裏庭を突っ切りそうになったりで何とか終点(出発点)
150811_1222~01.jpg150811_1226~01.jpg150811_1225~01.jpg
に辿り着きました。残るレールと信号機でかつてここに駅が、また遠景の赤錆びた構造物で鉱山があっことがうかがえます。
帰りは来た道を途中まで戻って佐伯町から西へ、熱中症に片足突っ込みつつ自宅をめざし16:00頃帰宅。走行距離約120qの廃線跡紀行(笑)でした。




タグ:自転車
posted by 保険ライダー at 19:34| 岡山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

第3回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F104J

昨日から夏休みでございます。時間のあるはお題でございます。
・容れ物がない自分で作る
DSC_0041.JPG
コクピット後ろの電子機器室はアクセスドア別体で開口済ですが、収納部は当然のことながら何もありませんので写真を参考にプラ版等で再現します。まだ胴体左右は接着できませんので、仮組しつつ採寸→部品切り出して現物合わせを繰り返しここまで進めました。仕上げは胴体左右を接着後となります。
アクセスドア本体も仕切りの一部をプラ版で、パッキン?を糸ハンダで再現します。

・キャノピー本体デッチアップ
DSC_0042.JPG
内部パイピング、固定ピン、取っ手等を伸ばしランナーなどから作りますが、バックミラー等残りの部分は塗装後となります。

・シート(背もたれ部分)デッチアップ
DSC_0043.JPGDSC_0045.JPGDSC_0044.JPG
写真を参考に穴を開けたり省略部分を追加しておきます。シートベルトはどうするか迷ったのですが、モールドがあるしできる限りエッチング等市販のディテールアップパーツは使わない方針ですので、モールドを生かしての追加・塗り分けで対処することとしました。
タグ:模型
posted by 保険ライダー at 19:43| 岡山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

オサーン夏の冒険、あるいはこころ旅、か?

今日は会社の行事で朝から清掃ボランティアでございます。例年何やかんやと理由をつけて不参加を決め込んでおりますが、秋にある行事でボランティアのお世話になることが決まっておりまして、世話になりっ放しもあれでしょう、ということで今回参加した次第です。

前置きはこれくらいにして、終了後のお茶会も9:30ごろには終了したので出発です。今回は倉敷市下津井をめざしますが、メインはそれよりもルートの方で旧下津井電鉄の軌道跡の自転車道を辿ろういう企みです。
自宅から往復80qあまりの行程でしたが、目的地近くでは
150802_1211~01.jpg
瀬戸大橋が見え。
旧下津井駅では
150802_1223~01.jpg150802_1224~01.jpg
こんな感じで車両が保存してありました。
タグ:自転車
posted by 保険ライダー at 17:50| 岡山 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

第3回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F104J

少し更新をサボっておりましたが週末です。お題でございます。
前回から昨日まではほぼ胴体左右のスジ彫り等彫り直しに明け暮れておりまして、そんなことを記事にしても面白くもなんともないだろということで今回まで間が空いてしまったのですが、この作業をやっておかないとスミ入れ時にパネルラインが再現できず、私的に大変不細工なことになりますので疎かにできません。
一応昨日でめどが立ちましたので、本日は小物の一部にかかります。

・主脚柱・ホイールハブなど
DSC_0040.JPG
主脚柱は現時点では素組み、ブレーキパイプ等デッチアップはレイアウト上後回しにしますが、パイプ取り付け部を外径0.5mmの真鍮パイプから製作しホイールハブに取り付けておきます。
また後部キャノピー兼電子機器室アクセスドアの配管?を糸ハンダで追加しましたが、キャノピー本体と干渉しますので、本体部分を少々削り込んでいます。
posted by 保険ライダー at 18:59| 岡山 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

オサーン夏の冒険、あるいはこころ旅、か?

乗り鉄の旅が一段落、と申しますか新規開拓にはかなりの遠出が必要となり事実上かなり厳しい状態ですので、今回は少し趣向を変えた旅をしてみました。私のモデラーとしての原点の地(の一つ)高砂市への自転車の旅でございます。なぜ「原点」なのかは鉄の旅の記事をご参照いただくとして、早速本編に入ります。

ナビによると距離はおよそ100q弱ですが、問題は途中の峠の坂道です。同じくナビで坂道の少ないルートを検索すると、備前市〜赤穂市〜相生経由がヒットしましたのでそちらを採用したのですが、雨のせいもあり県境の峠
DSC_0040.JPG
も含めて結構な坂道でした。
兵庫県に入って間もなく雨が強くなりましたので、備前福河駅近くの駐在所の駐車場で軒を借りて雨宿りです。
DSC_0041.JPG
合羽は持っていましたが、できれば着ないで済ませたいので小降りになるのを待ちます。兵庫県に入って「備前」はおかしいんじゃないというところですが、この地域は元々岡山県だったのが様々な事情で兵庫県に編入されたそうです。まあ手前の峠の険しさを考えると、ここは兵庫県の方が自然なような気がしました。
続く赤穂市〜相生市の峠でもえらい目に遭ったので相生駅
DSC_0042.JPG
でまた小休止、更に竜野市経由で姫路市網干をめざします。この先は揖保川を目印にそれに沿って南下すれば良いのですが、雨がまた強くなるは道に迷うはで少々時間がかかり、ようやくルートがわかったところで朝食を兼ねて休憩です。筋肉の疲労にはタンパク質、ということで高タンパクなフランスパンを低脂肪乳で流し込んで終了。あとは山陽電鉄沿いに東進すれば到着というところですが、生来の脇道癖(笑)が出て11:30頃
約7時間かかって到着です。
DSC_0043.JPG
このまま街中をぷらぷらしても良いのですが、問題は汗(汁)と雨にまみれたオッサン(笑)を何とかしないとです。チェックインにはまだ時間がありますので、事前に調べておいた健康ランド
DSC_0044.JPG
で汗を流してすっきりでございます。いやいや本当に気持ち良くてしばらく寝ていたい気分でした。

さて全国二千万の猫好きの皆様お待たせいたしました。ニセ合光昭(笑)の「日本ネコ歩き」でございます。
今回フレームに収まってくれたはこの一匹でしたが、お触りOK(笑)のいい子でした。
DSC_0046.JPGDSC_0047.JPGDSC_0048.JPG
その夜はビジネスホテルに宿泊、言うまでもなくひどく疲れておりましたし翌日は5:00出発予定なので21:00前には寝てしまいました。

翌日は目覚ましでキッチリ4:30起床、疲れはしっかり残っていますがあとはおうちへ帰るだけですので予定通り出発しました。
帰りは最短ルートでほぼ国道2号線を辿ったのですが、ナビの通りの坂道の多さ(往路比)で県境のトンネルは自転車通行不可能につき
DSC_0051.JPG
こんな旧道を通ったりしました。坂道関係でいえば前日以上のえらい目に遭って11:30頃帰還、走行距離約205qの生涯初の自転車の宿泊旅でした。


タグ:自転車
posted by 保険ライダー at 19:35| 岡山 ☁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

第3回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F104J

週末です。お題でございます。
今日から有給含めて4連休ですが、明日明後日と外出しますので今日のところはこんなもんです。

・外装品続き
DSC_0040.JPG
翼端チップタンク・AIM-7Eは完了、コクピット後部電子機器室ハッチ・エンジンアクセスドア+ベントラルフィン前半部は整形・組立中です。
posted by 保険ライダー at 20:29| 岡山 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

第3回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F104J

週末でございます。お題でございます。
・翼端チップタンク等組立
DSC_0040.JPG
ご存じマルヨンを特徴づける部品ですね。一部乾燥、整形待ちなので未完了ですが、燃料給油口や安定翼の部品が別部品なうえに全体に細かいモールドがしっかり入っているので、1週間でここまでかいという突っ込みは勘弁してください(笑)。
実は今回知ったのですがこれは飛行中に投棄できない(翼下パイロンからは可能、但し別部品)んだそうで、戦闘開始の合図と共に全機増槽を投棄して…、という緊迫感あふれるシーンは本機とは無縁だった(幸い本機は「実戦」を経験していませんが)ようです。
真ん中の部品はベントラルフィン前半部と一体のエンジンアクセスドアです。こちらも乾燥、整形待ちですが、本体側資料がしっかりありますのでここも薄加工、デッチアップ決定(笑)でございます。
タグ:模型
posted by 保険ライダー at 19:32| 岡山 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

第3回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F104J

週末です。お題でございます。

・切って削って薄くして、作って削ってそれらしく…。
DSC_0040.JPG
今回はここまで進みました。詳細はこんな感じです。

・バルカン砲本体、アクセスドア(パネル)完了
DSC_0041.JPG
写真を参考に砲(銃)体はプラ板やガンプラ用の噴射口のパーツを加工し金属線を組み合わせて、また砲(銃)身は0.8mmの真鍮線を切り出して作成しました。向かって右側のアクセスドア(パネル)の内側は写真を参考に、左側の方は資料がないので想像でプラペーパー等でデッチアップしています。

・サーキットブレーカーアクセスドア
DSC_0042.JPG
こちらも写真を参考にやっていますが、向かって左下のダクト部分の加工には少々苦労しました。
タグ:模型
posted by 保険ライダー at 18:51| 岡山 ☁| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

第3回なんちゃってJMCお題 ハセガワ1/48 F104J

模型合宿も終了し、次なるお題へ進みます。
当初来年2月予定のSAMへ向けての製作に入っていたのですが、正式な開催告知がまだですしこちらの方が締切が先なので、取り掛かります。
タイトルの通りパロディではありますが、あくまでもコンテストですし5月のSHSへの持ち込み、専用ブースでの展示も目論んでおりますので当然のことながらそれ用の仕上がりで臨みます。

・バルカン砲収納部開口
DSC_0040.JPG
いつものことではありますが、開けられるところは開けていきます。アクセスドア(パネル)裏側は資料を参考にできるのですが、問題はバルカン砲本体です。形状が形状ですので自作できるか不安でしたが、幸い合宿お土産のハセモノ48にモールド表現ではありますがパーツがありますので、資料と併用して自作のめどが立ちました。
画像右側のパネルはほぼ完了、左側のは薄加工中、本体はほぼ完了というところです。
タグ:模型
posted by 保険ライダー at 18:00| 岡山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

第9回模型合宿

今年も無事終了しました。
DSC_0040.JPGDSC_0041.JPGDSC_0042.JPG

いつも通りの楽しさでした。少々疲れが残っておりますので、今夜はこれで失礼いたします。
タグ:模型
posted by 保険ライダー at 22:09| 岡山 ☁| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

こころ旅、か?

先週の日曜日のことですが、自転車で遠乗りしてきました。
自宅から東へ、西大寺経由で南下して久々井〜宝伝〜西脇と海沿いに走り、牛窓でお昼をとって帰路に就くという予定です。実は5月の連休中にも同じことをしようとしたのですが久々井でパンクが発覚、当然自転車屋などあるはずもなく途方にくれていたところ、地元の人の親切で自転車屋に連絡をとってもらい出張修理したのですが、時間がなくなり気持ちも凹んだので、そのまま帰宅しました。

この時もお礼も兼ねてリベンジとばかり新しい自転車で出かけます。残念ながら久々井では感動(笑)の再会とはいかずお礼のお菓子を置いていっただけでしたが、道中は海沿いということもありアップダウンが少々しんどいですが、
DSC_0044.JPGDSC_0045.JPGDSC_0054.JPGDSC_0055.JPG
こんな感じで景観が楽しめました。

そして
DSC_0052.JPGDSC_0046.JPG
1日バス数本のひなびた漁港ですが、「光あるところに影がある」ならぬ「魚いるところにネコがいる」(笑)の経験則はここでも健在でございます。
DSC_0047.JPGDSC_0048.JPGDSC_0049.JPGDSC_0050.JPGDSC_0051.JPG
かなり近くまで寄ることはできるのですが、やはり半分野良なのかお触りNG(笑)です。撮影しているうちに気がついたのですが、尾道と違って外部の人間と接することが少ないのかここの連中は良く言えばのんびりしている、悪く言えば緊張感がない感じです。
ネコ遊びもそこそこの進みますが、山を2つくらい越えて牛窓に入ったところで妙なものを見つけました。
DSC_0058.JPGDSC_0056.JPGDSC_0057.JPG
向かって右側が海なのですが、どう見ても高潮か何かで浸水した廃墟という感じです。こんな惨状ならばニュースにでもなりそうですが聞いたことがありません。
帰宅して調べてみると「グリーンファーム」という貸別荘や打ちっぱなしのゴルフ場、テニスコートなどを備えたリゾート施設であったようです。経営が行き詰って放棄されたところに何かがあったのかもしれません。

もう一つ山を越えて牛窓の中心地に入りますが、昼まで時間があるのでぶらぶらします。さすがは海辺の町で普通の民家の庭先
DSC_0060.JPG
にこんなやつ
DSC_0059.JPG
がいたりします。こんな身近にいるということは田舎の「便所コオロギ(カマドウマ)」みたく夜の厠に出現、婦女子を驚かせたりするのではと思ったり。
時間になったのでお昼にします。海沿いの眺めが良い食堂で
DSC_0061.JPG
こんな眺めを楽しみつつ
DSC_0062.JPG
お刺身定食でございます。
帰りは真っ直ぐ帰るつもりでいたが、たまたま通りかかったので1枚
DSC_0063.JPG
竹久夢二の生家とのことです。たしか本家「こころ旅」で火野正平さんが訪ねたところだったと記憶しています。
後はケツ周辺の痛みを我慢しつつ家路に就きました。休憩含めて約7時間、走行距離約80qの日帰り自転車旅でございました。
タグ:自転車
posted by 保険ライダー at 21:32| 岡山 ☁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(メニュー通り) タイム:分秒 トレーニング後データ(入浴後計測) 体重     :s 体脂肪率   :% 内臓脂肪レベル: 骨格筋率   :% ※身長:173cm