2017年12月31日

今年も変だよSAコン2017A

きちんと審査がされているかはなはだ疑わしい根拠としてさらに挙げる(愚痴る)とすれば、57ページの洋上迷彩とその右側の銀色の作品をご覧ください。
この2作品震電をジェット化したものらしいのですが、良く見るとジェット化で不要になるはずの長すぎる脚柱は短縮されずそのままです。また他にも突っ込み所はありますが、一口で言えば「レシプロ震電」に市販のディテールアップパーツを移植して、あとは塗装でごまかしたそれらしくしただけの作品に見えます。
もしワタクシの推測の通りであれば、これは充分に「異議申し立て案件」足り得ます。「噴射口を付けたレシプロ震電」が入賞で、きちんと考証を加えた「真 ジェット震電」が選外「その他大勢」というのが
「飛行機模型の専門雑誌」が真面目に審査した結果
だとしたら大問題でしょう。
まあ個人のブログで愚痴っていても埒があきませんので、入賞作品がお披露目となるスケビコン(1月21日、「その他大勢」作品の持ち込みも可)に作品持ち込みのうえ白黒つける予定です。本来引き立て役の「その他大勢」作品が入賞作品を喰らう下剋上にご期待ください。
交通費を払って恥をかきに行くだけ、とも言いますが(笑)。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 12:50| 岡山 ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も変だよSAコン2017@

2週間ほど前の話ではありますが…。
昨年は応募画像がスルーされ審査さえされず、次号へ「ごめんなさい掲載」されたのですが、今年は審査されたようでこんなコメントがついておりました。
「各部を開けてきちんと作り込んでいますね。ていねいな工作で写真もうまい。飛行機模型の王道作品(石塚)」
これだけ読むと塾長今年はやりましたね、なんてことを思ったアナタ、SAコンを甘く見ちゃあいけません。これだけ持ち上げておいて結果は選外、その他大勢にして切手大のちっちゃ〜い写真での掲載でございます。
しかも違和感ありまくりのコメントに加えて掲載写真がよりよってこれ
DSC_01081.jpg
この写真のどこをどう見たら「各部を開けてきちんと作り込んでいます」というコメントが付けられるのかはなはだ疑問です。
本来この写真
DSC_01021.jpg
が使われるべきでしょう。
更に57ページのある審査員のこのコメント。
「震電の個人的に気になるところがすべて解消されていてかっこいい。このかたちだったら震電めっちゃ好きでした」
え、でっかいフロートを履かせて不格好になったうえに大幅に性能ダウンした「震電のような代物」が「かっこいい」のですか?コメントを付ける作品をお間違えではありませんか?
このような(あくまでもワタクシから見てですが)いい加減な記事を見ると、ちゃんと審査しているのか不安になってきましたので、本当のところはどうなのか編集部に問い合わせのメールを出してみました。
で、残念ながら12月30日現在回答をいただいておりません。完全黙殺でございます(笑)。
悪質なクレーマーとして放置されているのかもしれません。しかしながら仮にきちんと仕事(審査)をしているのであれば(問い合わせに答えられないも含めて)何らかの回答が得られるはずですが(少なくとも私が逆の立場であればそうします)、この扱いでは何か後ろめたいことがあるのか?と勘ぐってしまいます。


ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 00:36| 岡山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

生存報告など

大変ご無沙汰しております。UAMC静岡2017の準備(なんJトムのリメイク)、とおかやまマラソン2017の準備で落ち着かず更新が滞っておりました。
後者の結果が出ましたのでご報告です。
DSC_0061.JPG
3度目の挑戦で何とかサブ4達成です。これで2月まではUAMCに集中できます。
あ〜しんど(笑)。
posted by 保険ライダー at 23:39| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

生存報告など

大変ご無沙汰しております。UAMC静岡2017の準備(なんJトムのリメイク)、とおかやまマラソン2017の準備で落ち着かず更新が滞っておりました。
後者の結果が出ましたのでご報告です。
DSC_0061.JPG
3度目の挑戦で何とかサブ4達成です。これで2月まではUAMCに集中できます。
あ〜しんど(笑)。
posted by 保険ライダー at 15:25| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

失われた鉄路を求めて(続き)

旧野口駅から少し戻ると左側に別府鉄道野口線の軌道跡が分岐しており、
DSC_0092.JPG
遊歩道として整備されております。
DSC_0093.JPG
途中の駅跡らしいところに使用された車両が保存されておりますが、
DSC_0094.JPG
保存状態はあまり良くないようです。
途中何か所か道路と交差する、つまり踏切の跡を通りますが、
DSC_0096.JPG
こんな感じでレールが残されているところがあり、当時が偲ばれます。
山陽電鉄別府駅東側にてアンダークロスし
DSC_0097.JPG
道路に合流すると程なく本社社屋脇を通過、
DSC_0098.JPG
多木化学で終点です。
DSC_0099.JPG
再び戻って土山線の廃線跡を辿りますが、山陽電鉄の少し手前で右に分岐し
DSC_0100.JPG
別の高架をくぐります。
DSC_0101.JPG
ここからしばらく道路上を行きます。途中こんなものがあり、
DSC_0102.JPG
旧土山駅手前で公園内の遊歩道になります。
DSC_0103.JPG
ここにも当時の車両が保存されていますが、
DSC_0104.JPGDSC_0105.JPG
先程と違って保存状態は良いようです。
遊歩道を抜けるとJR土山駅(旧土山駅)にて終点となります。

お待たせ(でもないか)しました。ニセ合光昭の日本ねこまたぎです。
今回は高砂で1匹との出会いがありました。
DSC_0070.JPGDSC_0071.JPGDSC_0072.JPG
見たところ野良だと思われますが、ここまで寄れました。とはいえ目つき鋭く油断ならないというところがやはり野良というところです。

ラベル:
posted by 保険ライダー at 11:28| 岡山 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

72年目の8月15日 岡山護国神社にて

DSC_0060.JPG
昨年はサボってしまいましたが、今年は行って参りました。
以前にもコメントしたかもしれませんが、父方の祖父は昭和13年3月中国で戦死しました。最終階級は陸軍歩兵上等兵、二度目の出征で12年9月に生まれた次男、つまり私の父の顔を見ることなく散華したと聞いています。
さて今回は初めて息子を伴っての参拝です。彼の眼にここの風景はどう映ったのか興味のあるところです。
ラベル:家族
posted by 保険ライダー at 10:58| 岡山 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

失われた鉄路を求めて

久しぶりですが今回は高砂で自転車をレンタルし国鉄高砂線、別府鉄道野口線、同土山線の廃線跡を巡ります。
・国鉄高砂線
DSC_0073.JPG
旧高砂駅前をスタート、遊歩道を加古川方向へ向かいます。
途中転轍機等がモニュメント風に置いてあるの目にしつつ、
DSC_0074.JPG
旧高砂北口駅付近から山陽電鉄の駅と1枚。
DSC_0075.JPG
加古川に出ますが鉄橋は跡形もなく撤去されており、当然自転車では渡れませんので下流へ迂回し相生橋を渡って1枚
DSC_0078.JPG
この先しばらくは山陽電鉄と並走します。
DSC_0079.JPG
ここから先は街路樹が植えられていて通行できないので並走する道路を進みますが、
DSC_0081.JPG
実はあとで分かったのですが、加古川鉄橋跡からここまでの区間に神戸製鋼加古川事業所への専用軌道跡が分岐していて川沿いに南下しているらしいのですが、前しか見ていなかった(単なる不注意とも言う)ので見落としてしましました。
DSC_0080.JPG
この方向に進めば見えたんでしょう、多分。
程なく旧尾上駅跡で1枚
DSC_0082.JPG
ですが、柵で囲まれた何やら怪しげな細長い土地が見えます。
DSC_0083.JPG
もしやと思い、たまたま通りかかった高齢の女性に聞いてみるとやはりレールがあったとのこと。予定外ですが辿ってみると
DSC_0085.JPG
オーミケンシの社宅脇を通って
DSC_0087.JPG
辿れたのはここまで。この先はオーミケンシの工場敷地内
DSC_0088.JPG
なので立入禁止です。
で、またまた通りすがりの高齢女性にうかがってみると、この辺りには昔飛行場があったとのこと。その手のことは地元の公民館に行けば詳細が分かりそうなので、言われるままにその場所に行ってみるとこんなものがありました。
DSC_0086.JPG
かつてここには帝国陸軍の加古川飛行場があったそうで、どんなところだったかは皆様の方がご存知だと思いますのでここでは触れません。また先程の軌道跡は、ネットの記事等によるとこの飛行場への専用引込線だったようで、実際にレールが敷かれて列車が走ることはなかったとのことですが、上の写真では枕木だったらしいものが垣根に使われているようなので、ひょっとしたらオーミケンシの工場引込線として使われていたのかもしれません(あくまでも個人の見解です)。
話を加古川線に戻します。
DSC_0089.JPG
旧尾上駅を出て間もなく軌道は道路となり山陽電鉄をアンダークロスします。積まれたレンガの色褪せ具合が時代を感じさせます。
その後旧鶴林寺駅跡を通って旧野口駅跡へ。
DSC_0091.JPG
台車と駅名板が残されています。軌道跡はこの後加古川駅方向に伸びていますが、時間の関係等で高砂線はここまでとします。
一応続く予定(笑)。




ラベル:
posted by 保険ライダー at 19:56| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

夫婦で慰安旅行の予定、でしたが

妻が体調不良のため急きょ息子との男二人旅となりました。
行先は美作三湯の一つ湯原温泉、車で高速を使って1時間あまりのところにあります。ご存知の方も多いかと思いますが、ここは湯原ダム
DSC_0120.JPG
の直下にある露天風呂が有名ですが、入浴中の方々がおられましたので写真はありません。代わりと言っては何ですが、
DSC_0123.JPG
やはり場所が場所だけに開放的な気分になられる方も多いようで…(笑)。
またさすがは湯の町ということで、何ということのないところからお湯が沸いている
DSC_0124.JPG
のがそれらしくて結構でございました。
その後はチェックインの時間まで町中をぶらついておりましたが、お祭りの準備をしているようで
DSC_0119.JPG
地元で「はんざき(半裂き)」とよばれるオオサンショウウオを目玉にした町興しの一環のようです。で、この「半崎美子」さんですが、本名だそうで「はんざき」つながりで乗っかり感ありありなのが何ともでした。
さて本日の宿は街はずれの湯快リゾートにて露天風呂付客室をチョイス、食事はこんな感じ
DSC_0125.JPG
のバイキング(お肉は別オーダー)でお腹いっぱい。また部屋付きの露天風呂が展望は望めないものの、セミの声と時折の雨音で情緒たっぷり、しばしの癒しの時を満喫いたしました。

お待たせしましたニセ合光昭の日本ねこまたぎ、といきたいところですが今回は出会いはなく、代わりに
DSC_0121.JPGDSC_0122.JPG
こんな奴らがいました。ぱっと見ネズミに見えたので、これで首に串がささっていたら『城崎にて』みたいなことになりますが、良く見るとどうやらヌートリアのようです。こいつらも温泉に入っていそうですが、確かめていないので本当のところはわかりません。
ラベル:家族
posted by 保険ライダー at 11:20| 岡山 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

震電ジェット化計画 ついに完結

造形村1/32改造ジェット震電、例によっていきなりの完成(笑)です。
製作コンセプトは以前製作の1/48と同様に
@ペラを背負わないので脚の短縮化
A推定必要推力1500kgにつきエンジンの大型化(対ユモ004)に伴う後部胴体の延長
B空気取入口大型化
C実践配備を想定した操縦席内部の小改造
なので、
DSC_0107.JPGDSC_0111.JPG
@とBCがお分かりいただけるでしょうか?
DSC_0108.JPGDSC_0108.JPG
機銃庫内部は素組みです。特にディテールの追加をしなくてもこの仕上がりです。
DSC_0114.JPGDSC_0110.JPGDSC_0109.JPGDSC_0113.JPG
Bとエンジン本体がよく分かります。Bについて1/48ではハセガワのレジンパーツ流用で比較的簡単でしたが、本作では切った貼ったで大変だったうえに、強度不足で一度ならず二度までも破損するわでやれやれな工作でした。またエンジン本体はメーカー純正のアフターパーツでは小さ過ぎかつディテールに乏しいので何やかんや付け加えてそれらしくしています。
Cについても追加されたヘッドレスト、および後上方の防弾ガラスが見て取れると思います。
DSC_0115.JPGDSC_0116.JPG
1/48の2機と並べてみました。なかなか壮観です。
本作は7月のKPM2017に展示のうえSAコンにエントリー予定です。同コン入賞作品を掲載に先立って目撃するチャンス(笑)ですので、是非おいでください。
ラベル:模型
posted by 保険ライダー at 22:00| 岡山 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

オサーン春の大冒険、もとい夫婦で慰安旅行

今回も関西方面へ行ってきました。
1日めは神戸再びです。歩き回るばかりでは疲れますので、今回は遊覧船に乗り海から見てみますと…。
DSC_0086.JPG
こんな感じで海に山が迫っている感じがよくわかります。また
DSC_0082.JPGDSC_0083.JPG
海自の潜水艦がドック入りしているのも見えたりして結構面白かったです。その後ポートライナーで神戸空港へ行き飛行機を眺めておりましたが、これが妻に意外と好評でした。曰く離陸時の音と迫力が良かったそうで、それなら基地祭なんぞで行っても面白そうと思いましたが、私が混雑が苦手なので無理っぽいです(笑)。
2日目は淡口(「あわぐち」ではなく「うすくち」)醤油の町
DSC_0098.JPG
たつの市です。古い町並みを眺めつつ散策したのですが、淡口醤油の資料館で一番印象に残ったのが大昔の宝塚の公演の資料(製造販売会社がワンステージを丸ごと買い取ってお客を招待したもの、「八千草薫」や「有馬稲子」の名前がありました)というのが何ともでした。

お待たせしました。ニセ合光昭の「にっぽんネコまたぎ」のコーナーです。今回は3か所で撮影でき撮れ高も充分です。
まずは神戸市新開地にて
DSC_0087.JPGDSC_0088.JPG
少々暗いのでストロボを使いますが、やはり目が光りますね。背景が明るいので角度を変えて
DSC_0095.JPGDSC_0089.JPG
この間1匹はずっと股間を舐めていたのが笑えました。
続いて高砂市では
DSC_0096.JPG
闇夜のカラスならぬ黒猫です。
最後は前々回、前回に続いてたつの市室津です。
DSC_0099.JPGDSC_0100.JPG
お馴染の「餌くれぃネコ」ですが、今回よく見ると同じ毛並みの個体が3匹いました。どうやら「唐草」「ドット」「ペイズリー」的3兄弟を1個体と思い込んでいたようです。
ラベル:家族
posted by 保険ライダー at 10:02| 岡山 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(メニュー通り) タイム:分秒 トレーニング後データ(入浴後計測) 体重     :s 体脂肪率   :% 内臓脂肪レベル: 骨格筋率   :% ※身長:173cm